神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 逆くしゃみ | main | ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) >>
橈尺骨骨折(前足の骨折)

キャットタワーから落ちてしまい、それから片側の前足を完全にあげてしまったという猫ちゃん、

ではなくワンちゃん!が来院されました。

お話をお伺いすると、結構高めのキャットタワーから落下してしまったとのこと。

犬もキャットタワーに登るものなのですね。

 

同居の猫ちゃんのマネをしたのかな…。

キャットタワーから落ちて骨折したワンちゃんをみたのははじめてです。

 

レントゲン検査を行うと、残念なことにやはり前肢の骨が2本とも折れてしまっていました。とても痛そうですね…。

↑橈骨+尺骨が骨折していました

 

前足の骨折はギプス固定での治療が難しく変形癒合や癒合不全の原因になることがあるため、

飼主さんとご相談の結果、術後成績の良いチタン製ロッキングプレートを使って整復・固定を行うことになりました。

↑プレート法で整復固定を行いました。

Open、but don`t touch.の原則に則り、骨癒合に有益な成分を温存するために骨折端を一切触らずにプレートを設置しました。

早い子だと当日〜翌日に患肢を使って歩き出します。若い子なので骨が癒合しだいプレートを取り除く計画です。

 

プレート法は簡単な方法ではなくプレートの種類(ステンレスorチタン、ロッキングor普通のプレート)、サイズ、手術手技などを上手にしないと12%程度の症例に癒合不全などの合併症が起こることが報告されています。

 

幸いなことに、今まで過去に当院で手術をさせて頂いた症例は癒合不全症例の再手術を含めて全例問題なく治癒してくれています。

 

しかし、再度落下するとプレートごと崩壊するため骨が癒合するまで2か月程の安静が大切です。

無事に治って早く走ったりできるようになりますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/876
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ページのトップへ