神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(足先のできもの) | main | 会陰ヘルニア >>
異物誤食事故(ホイップクリーム絞り出し器の先)

先日の夜、何回も嘔吐を繰り返して元気が無いというワンちゃんが来院されました。

お話をお伺いすると、チュッパチャップスという飴を包み紙と棒ごと飲み込んでしまったとのこと。

 

嘔吐はそれが原因なのか、それとも他に原因があるのか、まだ分かりません。

 

 

飴や紙製の棒や包み紙はX線検査では写らないと予想されましたが、

念のため一通り検査をしてみると…、

↑胃の中に金属の異物が見つかりました。(↑白くみえる物体)

 

 

こういった場合、

 

1、吐処置をして吐かせる

2、内視鏡で摘出する

3、何もせず何日か経過観察

4、試験開腹手術

 

などが考えられますが、

何回も吐いても出てきていないことから1では解決は難しそうです。

 

飼主さんとご相談の結果、ぐったりしてきていたこともあり、

内視鏡(胃カメラ)で異物の摘出を行うことになりました。

↑出てきた異物(ホイップクリームの絞り出す器具の先)

 

これを取り出したあとは元気になったそうで、やはりこれが原因だったみたいでした。

 

異物誤食事故は繰り返すことが多いため皆さまお気を付け下さい。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/908
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ページのトップへ