神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< できもの(腫瘍) | main | 子宮蓄膿症 >>
肛門腺自壊

今朝、大きな地震がありましたね。

こちら神戸の辺りもけっこう揺れて阪神大震災が思い起こされました。

 

大阪では小学生のお子さんが亡くなられたとのこと痛ましい限りです。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の地震が前震で、本震が2〜3日後にやってくることもあり(10〜20%位の確率?)要注意だそうですので、

近畿にお住まいの皆さまお気を付けください。

 

 

ここのところ肛門腺が自壊してしまったワンちゃん、猫ちゃんが多く来院されています。
肛門腺の自壊は小型犬によく見られる疾患で、お尻を気にして擦りつけたり、舐めているようだと
この病気になっていることがあります。
たいていはきちんと2〜3週間治療すれば治ります。
しかし、再発を繰り返し治りにくい場合は肛門嚢を袋ごと取り残しの無いように摘出してしまえば完治が期待できます。

 

肛門嚢自壊が治りにくい子向けに、米国製の「肛門嚢摘出キット(肛門嚢の中にゴムみたいな液体を注入⇒時間が経つとゴムが固まり、肛門嚢ごと摘出し易くなるキット)」を念のために用意しています。

今のところ、そのキットの出番は1回も無いので、ほとんどの場合は自然に治っています。


お尻を舐めたり気にしているようなら早めに動物病院へご相談ください。

 

 

↑お尻の斜め下から出血しています

 

↑毛刈りをすると皮膚に孔があいて出血しているのが分かります(肛門嚢自壊)

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 犬の病気 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/917
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ページのトップへ