神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 猫の肥満細胞腫 | main | 肛門腺自壊 >>
できもの(腫瘍)

先日、ダックスフントの腫瘍摘出手術がありました。

 

背中に1つ丸い腫瘍ができています。

だいぶ前(半年前かそれ以上前)からできていました。

↑腫瘍ができています(毛はバリカンで刈っています)

 

ここ1週間程でも、こういった「だいぶ前からあるから良性?2〜3mm小さいから良性?」と思われるできものを念のため検査(細胞診)すると、肥満細胞腫という悪性腫瘍だと分かるケースが4、5例ほど続いています。

 

できものができた場合、細い針を刺して細胞を採取して診断する検査(細胞診)で悪性か良性かを診断できることが多いですので

一度検査しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

↑腫瘍摘出後

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/918
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ページのトップへ