神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 凝固異常 | main | 魚の骨誤食 >>
誤食事故(1円玉)

以前、10円玉を飲み込んでしまった猫ちゃんがいました。

腸に詰まってしまったため手術をして摘出することになったのでした。

お金を飲み込んだ子を診察するのは珍しいです。

↑腸から摘出した10円玉

 

 

今回は、

1円玉を飲み込んでしまったワンちゃんが来院されました。

飼主さんの目の前で飲み込んでしまったので1円玉で間違いないとのこと。

動物はお金が好きなんですかね…。

 

さっそくレントゲン検査をしてみました。

↑胃に1円玉らしき陰影が見えています。

 

まだ子犬ちゃんということもあり、

1円玉が腸を通過して便に出てくるのは難しそうなため

内視鏡を用いて胃内にあるうちに摘出することになりました。

↑胃内で見つかった1円玉(胃カメラ中)

 

↑バスケット鉗子で1円玉を把持し胃から摘出しました。

 

胃内にあれば吐かせたり、内視鏡で摘出可能なこともあります。

 

しかし、腸に流れてしまい詰まると手術が必要になってしまうため、

何か飲み込んでしまった場合はお早めに動物病院へご相談ください。

 

垂水オアシス動物病院

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/923
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ページのトップへ