神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 異物誤食事故(脱酸素剤) | main | 台風21号による影響について >>
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

お腹にできもの(腫瘍)ができたハムスターちゃんが大阪から来院されました。

お話をお聞きすると徐々に大きくなってきているとのこと。

 

飼主さまとご相談の結果、一旦経過観察していくことになったのですが、

やはり大きくなってくるため摘出することになったのでした。

 

↑今から麻酔をかけていきます

 

↑お腹に腫瘍ができています

 

↑腫瘍を摘出しました。

今回も半導体レーザーを使用したため1滴も出血が無く摘出が可能でした。

 

↑無事に終わり、麻酔からもさめて、お家に帰っていってくれました。

 

ハムスターの腫瘍は大きくなりすぎると摘出不能になるケースもあるため、

どうにかしたいとお考えの場合は早めに対処していくのが良いです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/940
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ページのトップへ