神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) | main | ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) >>
異物誤食事故(脱酸素剤)

先日、何回か吐いていてよだれが出ているというワンちゃんが来院されました。

 

いつもと様子が違ってしんどそうなため詳しく調べてみると…、

レントゲン画像に胃の中に何か砂のようなものが写っています。

 

よく散歩中に砂を食べてしまったりするワンちゃんもいますので、

レントゲン画像をみると胃の中に砂が見つかることは珍しくはありません。

しかし、飼主さんにお聞きしても、台風が来ていて外出していないため最近に砂を食べることは無いとのこと。

 

2〜3日様子をみても改善しないため、

何らかの異物誤食を疑い内視鏡検査を実施しました。

 

すると…、

 

胃の中に何やら砂状のものと、白いものが見つかりました。

 

↑胃内の異物。胃が荒れて赤くなっています

 

↑内視鏡で摘出しました

 

↑脱酸素剤を誤食していました

 

早速、この脱酸素剤を製造しているメーカーさんに電話してみると、

安全性が高い成分(鉄、ビタミンCなど)で問題にはならないはずとのことで一安心です。

 

しかし、中身は大丈夫でも外袋は腸に詰まる可能性があるため動物には非常に危険です。

異物誤食事故にご注意ください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 誤食事故 | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/941
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ページのトップへ