神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 肥満細胞腫 | main | マムシの咬傷事故 >>
ハムスターの腫瘍(左耳後ろにできたできもの)

先日、岡山から電車に乗ってはるばるハムスターちゃんが来院されました。

お話をお伺いすると、左耳の後ろ側に腫瘤ができているとのこと。

やはり中高齢になるとハムスターには腫瘍が多く発生します。

 

飼主さんとよくご相談させて頂きご相談の結果、

腫瘤を摘出することになりました。

 

↑ガス麻酔で寝てもらいます

 

 

↑ウトウト…

 

↑腫瘤ができています。

 

↑腫瘤を摘出しました。今回も半導体レーザー装置を用いたので1滴も出血せずに摘出できました。

 

この後、無事に目を覚まして岡山のお家に帰っていってくれました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

垂水オアシス動物病院

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/944
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ページのトップへ