神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< マムシの咬傷事故 | main | TPLO(前十字靭帯断裂) >>
脛骨の骨折(後肢の骨折)

大阪の動物病院の先生からのご紹介でシェルティちゃんが来院されました。

X線検査を行ったところ後肢の膝から下の骨が完全にポッキリ折れてしまっている様子。

高いところから落ちてしまったとのこと。

 

今回もチタン製のロッキングプレートで固定を行い、

無事に手術も終わり帰っていってくれました。

 

若いワンちゃんなので1〜2か月程度で治ってしまうと思うのですが、

また飛び降りないように気を付ける必要があります。

 

特に小型犬を飼われている飼主さまは、飛び降りたり落としたりされないようにお気を付けください。

 

↑脛骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/947
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ページのトップへ