神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< TPLO(前十字靭帯断裂) | main | 迷い猫のお知らせ >>
甲状腺腫瘍

先日、首の喉ぼとけの下辺りが腫れているワンちゃんが来院されました。

飼主さんが触っていて、「喉の辺りが腫れているような気がする」と気づかれて連れてこられたのでした。

 

頸部周辺が腫れている場合、リンパ節が腫れている場合や、唾液腺が腫れている場合や、

その他の腫瘍などが原因として考えられます。

 

このワンちゃんの首が何故腫れているのか詳しく調べるために針生検を実施したところ…、

甲状腺腫瘍」を疑わせる細胞が採取されました。

 

甲状腺腫瘍とは、

犬においてみられる甲状腺腫瘍の多くは悪性の甲状腺癌であり、浸潤性が高く、

転移しやすい腫瘍(リンパ節、肺、肝臓など多臓器へ転移率は初診時で35〜40%)だと言われています。

 

比較的珍しいタイプの腫瘍なのですが、

中高齢(平均10歳)で発症し、ビーグル、ゴールデンレトリバー、ボクサーは好発犬種ですので、

これらの犬種を飼われている飼主さまはときどき喉の辺りを触ってみて腫瘍が出来ていないか観察することが大切です。

 

気づかずに時間が経過すると症状が進行し、

発咳、呼吸困難、元気消失、体重減少、嘔吐、食欲不振、嚥下困難、顔面の浮腫などが認められるようになります。

 

診断は、

血液検査、レントゲン検査、超音波検査、細胞診、触診などを実施して診断していきます。

 

治療は、

腫瘍組織に可動性があり、周囲組織への浸潤がなく転移の見られない腫瘍は外科的に摘出することができます。

また、周辺組織へ浸潤していて切除困難な腫瘍に対しては放射線療法(できない場合は化学療法)が有効だと言われています。

 

今回のワンちゃん(チワワちゃん)の場合は、

幸いなことに腫瘍組織に可動性があったため甲状腺腫瘍を摘出することが可能でした。

 

 

喉の辺りを触ったり、全身を触ったりしてあげていると腫瘍の早期発見につながるため、

普段からワンちゃんをナデナデしてあげてスキンシップを取ることをお勧めします。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/961
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ページのトップへ