神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 腹腔鏡下避妊手術 | main | SFTS(重症熱性血小板減少症)について >>
サバンナモニターの代謝性骨疾患

背骨に何かできもの?ができたというサバンナモニター(サバンナオオトカゲ)が来院されました。

ふらつきが見られレントゲン検査を行ったところ、明らかに背骨が曲がってしまっていることから代謝性骨疾患が疑われました。

紫外線(UV)が足りないか、栄養性(カルシウム不足、ビタミンD不足)が考えられることから、

この辺りを改善し経過を見ていくことになりました。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 共通の病気について | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/967
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ページのトップへ