神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 乳腺腫瘍と後肢の腫瘍 | main | ハムスターの腫瘍(肢のできもの、断脚) >>
ハムスターの膿瘍(下顎、頬袋周囲)

ハムスターちゃんにはできものが多く発生します。

 

今回来院されたハムちゃんは、下顎の周囲にできものが出来ていました。

こういった場合の原因は、腫瘍か膿瘍(細菌感染)かがほとんどです。

 

細い針を刺して調べてみると…、採取されたのは腫瘍ではなく細菌感染のある膿でした。

内服薬で経過を見ても良くならないため、膿の袋を切開して消毒することになりました。

 

上手くいけば、切開して内科治療をすれば改善しますが、

なかなか改善しない場合は膿瘍の袋ごと摘出しないといけないかもしれません。

 

 

 

↑膿瘍ができています

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/972
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ページのトップへ