神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ハムスターの腫瘍(肢のできもの、断脚) | main | 年末年始のお知らせ >>
お腹の中の寄生虫

12月ももう残すところ僅かで、あといくつか寝るとお正月ですね。

当院では12月31日まで診察しています(1/1〜1/3は休診)ので何かありましたらご来院ください。

さて、最近エコー検査をしていると面白い画像を見かけたため今回それをご紹介します。

 

体調が思わしくない猫ちゃんにお腹のエコー検査を実施したところ、

「腸の中に何か白い線状の物体(下画像黄色矢印)がある…?」ことが分かりました。

 

これが何なのかエコー検査だけではハッキリしないのですが、

寄生虫感染ではないかという推測で駆虫薬を使ってみました。

 

↑腸の中に何かが見えています。

 

 

すると、翌日飼主さまがこんなものを持ってこられました。

↑回虫

 

駆虫薬を投与すると、翌日に寄生虫(回虫)が出てきたそうです。

 

ワンちゃん、猫ちゃんの寄生虫感染率は意外と高いと思われるため、

大人になってからも定期的(3ヶ月に1回)な寄生虫駆除をお勧めします。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 寄生虫 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/975
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ページのトップへ