神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼 | main | ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの) >>
院長不在のお知らせ(米国セミナー参加のため)

2月26日(火)〜3月5日(火)までの間、アメリカネバダ州での外科研修のため井尻(院長)不在になります。
現状では日本国内でこういった専門的な研修を受ける機会はほとんど無いため遠く海外まで行く必要があります。

 

4.png

↑研修を受ける施設(オークエンドセンター)

 

今回の講師の先生はDr.William Culpでカリフォルニア大学デービス校の外科の主任の教授であり、腫瘍やインターベンショナルを得意とされています。Dr. Jim Perry, 先生は、ペンシルバニア大学助教授で、特に免疫学の腫瘍が主な研究のテーマで、米国外科専門医と内科専門医の2つの専門医の資格を有しています。非常にめずらしいことに研究テーマの免疫の腫瘍で獣医学博士(PhD)も併せ持ち、非常に珍しい、トリプルホルダーと称されています。またDr. Ameet Singh 先生はオンタリオ大学の外科の助教授で、最小侵襲手術、手術部位の感染症の細菌の研究をテーマにしています。


毎年この時期に海外で外科研修を受けるために、

ご迷惑をお掛けしますが診療の質を更に高めより良い診療をするため、ご理解・ご了承をお願い致します。
なお、井尻不在中は池田獣医師が通常通り診察を行いますので診察時間に変更はございません。

今回の研修内容は以下の通りです。

 

頭頸部の外科手術−Head and Neck Surgery−

Topics Instructors
講義1(Lecture 1)
咽頭後リンパ節と下顎リンパ節切除、唾液腺切除術、扁桃切除術、腹側鼻腔切開術
(Retropharyngeal and mandibular lymphadenectomy, Salivary gland removal, Tonsillectomy, Ventral rhinotomy)
実習1(Laboratory 1)
咽頭後リンパ節と下顎リンパ節切除、唾液腺切除術、扁桃切除術、腹側鼻腔切開術
(Retropharyngeal and mandibular lymphadenectomy, Salivary gland removal, Tonsillectomy, Ventral rhinotomy)
講義2(Lecture 2)
眼球摘出術、耳介後部の軸性皮弁、口唇皮弁、鼻切除術                    (Enucleation, Caudal auricular axial pattern flap, Lip-to-lid flap, Nosectomy) 
実習2(Laboratory 2 )
眼球摘出術、耳介後部の軸性皮弁、口唇皮弁、鼻切除術                    (Enucleation, Caudal auricular axial pattern flap, Lip-to-lid flap, Nosectomy) 

 
講義3(Lecture 3)
吻側上顎骨切除術、尾側上顎骨切除術を併用する方法
(Rostral maxillectomy, Combined approach to caudal maxillectomy)
実習3(Laboratory 3)
吻側上顎骨切除術、尾側上顎骨切除術を併用する方法
(Rostral maxillectomy, Combined approach to caudal maxillectomy)
講義4(Lecture 4)
吻側下顎骨切除術(片側性/両側性)、下顎骨区域切除術、下顎骨全切除術                    (Rostral mandibulectomy (unilateral/bilateral), Segmental mandibulectomy, Total mandibulectomy) 
実習4(Laboratory 4 )
吻側下顎骨切除術(片側性/両側性)、下顎骨区域切除術、下顎骨全切除術                    (Rostral mandibulectomy (unilateral/bilateral), Segmental mandibulectomy, Total mandibulectomy) 
講義5(Lecture 5)
頸動脈へのアプローチ/ルンメル止血帯の設置法、頸部の外科アプローチ、甲状腺切除/上皮小体切除、気管切除吻合術、食道切除吻合術、永久的気管瘻設置術
(Approach to carotid artery/placement of Rommel tourniquets, Cervical surgical approach, Thyroidectomy/Parathyroidectomy, Tracheal resection and anastomosis, Esophageal resection and anastomosis, Permanent tracheostomy)
実習5(Laboratory 5)
頸動脈へのアプローチ/ルンメル止血帯の設置法、頸部の外科アプローチ、甲状腺切除/上皮小体切除、気管切除吻合術、食道切除吻合術、永久的気管瘻設置術
(Approach to carotid artery/placement of Rommel tourniquets, Cervical surgical approach, Thyroidectomy/Parathyroidectomy, Tracheal resection and anastomosis, Esophageal resection and anastomosis, Permanent tracheostomy)
講義6(Lecture 6)
全耳道切除術/鼓室胞切開術(犬)、腹側鼓室胞切開術(猫)、耳介切除術                    (Total ear canal ablation / bulla osteotomy (Dogs), Ventral bulla osteotomy (Cats), Pinnectomy) 
実習6(Laboratory 6 )
全耳道切除術/鼓室胞切開術(犬)、腹側鼓室胞切開術(猫)、耳介切除術                    (Total ear canal ablation / bulla osteotomy (Dogs), Ventral bulla osteotomy (Cats), Pinnectomy) 



垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻
              

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | お知らせ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/981
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ページのトップへ