神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< 膝蓋骨脱臼グレード4(パテラ脱臼Grade 検 | main | ヒョウモントカゲモドキ >>
短頭種気道症候群(軟口蓋過長症など)

先日、短頭種気道症候群のフレンチブルちゃんが来院されたので今回はこの病気について。

短頭種気道症候群とは、外鼻孔狭窄(鼻の孔が狭い)、軟口蓋過長(軟口蓋というノドの奥の部分が長い)、喉頭小嚢外転、喉頭部組織が肥厚しているなどの短頭種によく見られる異常です。
この病気は短頭種と呼ばれる鼻の短い犬種(ブルドッグ、パグ、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、キャバリア、シーズー、チワワなど)に多く、年齢と伴に徐々に悪化していきます。

簡単に言うと、呼吸するのに大切な「鼻の孔」や、「のど」が狭いので呼吸が苦しく、
「ブヒブヒ、フガー」と呼吸したりします。
また、寝ているときに「いびき」の症状が出ることが多いです。
短頭種のワンちゃんを飼われている飼主さんはたかが「いびき」では無い可能性が高いので注意してください。

診断方法は軟口蓋の部分をレントゲン写真で診断したり、麻酔下でのどの奥を目視して状態を確認していきます。

治療方法は、軟口蓋切除術という手術(余分な軟口蓋という部分を取り除き呼吸の通路を広げる手術)、外鼻孔狭窄の手術(鼻の孔を広くする)、喉頭小嚢切除術(喉頭小嚢という部分を取り除き呼吸の通路を広げる手術)を行います。

短頭種気道症候群は、慢性進行性の病気なので若いうちに改善させる方が良いといわれています。
呼吸の通路が狭いのに無理に息を吸うことになるので、これが持続すると4歳以上では気道の形を保つことが出来にくくなり、8歳以上で喉頭虚脱という末期の状態になってしまうと手術しても改善させることがなかなか出来なくなります。

手術成績は手術時の年齢が関係していることが報告されており、1歳以前に手術を受けた動物はそれ以降に手術を受けた動物よりも予後が良いです。一般的には4〜24か月齢での手術が望ましいと思われます。
若齢であればほぼ安全に手術をすることができるので、症状のある短頭種のワンちゃんを飼われている飼主さんは去勢・避妊手術時に同時に実施するのがお勧めです。

 

今回のワンちゃんは軟口蓋過長症のため寝る時等にいつも「ガー ガー 」と呼吸の度に大きな音がしていたため、

他の手術のついでに今回はこの手術を行ったところ、息苦しそうなガーガー音がだいぶ改善されたので良かったです。

 

↑術後の様子:喉の奥深くにある軟口蓋と呼ばれる部位をカットしました

 

↑カットされた軟口蓋の一部分

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | 呼吸器疾患 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/988
トラックバック
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ページのトップへ