神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
<< ヒョウモントカゲモドキ | main | 膝蓋骨脱臼 >>
【海外】軟部外科研修セミナーに参加しました!(in アメリカ)

2月27日(水)〜3月6日(水)までの期間、

海外での外科研修セミナーに参加するためアメリカへ行ってきました。

井尻(院長)不在中は患者様に大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

しかし、とても良い勉強になりまして有意義な時間を過ごすことができましたので、

より一層患者さまのお役に立つことができるようになったと思います。

 

今回研修を受けてきた内容は以下の通りです。

 

〇咽頭後リンパ節

〇下顎リンパ節切除

〇唾液腺切除術

〇扁桃切除術

〇腹側鼻腔切開術

〇眼球摘出術

〇耳介後部の軸性皮弁

〇口唇皮弁

〇鼻切除術                    

〇吻側上顎骨切除術

〇尾側上顎骨切除術を併用する方法

〇吻側下顎骨切除術(片側性/両側性)

〇下顎骨区域切除術

〇下顎骨全切除術  

〇頸動脈へのアプローチ/ルンメル止血帯の設置法

〇頸部の外科アプローチ

〇甲状腺切除/上皮小体切除

〇気管切除吻合術

〇食道切除吻合術

〇永久的気管瘻設置術

〇全耳道切除術/鼓室胞切開術(犬)

〇腹側鼓室胞切開術(猫)

〇耳介切除術

〇タイバック法

 

現状ではこのような外科手術の実習研修は日本国内では行われておらず、海外まで出かけていく必要があります。

やはり特に外科分野に関しては、特に見たことの無い手術などの場合は教科書を見て知識を得るだけで手技を習得するのは難しいです。

 

日本では獣医科大学を卒業した時点で、

避妊・去勢手術が出来るかもあやしい状態なのが現状だと思いますが(今は違うのかもしれませんが…)、

アメリカでは専門医制度や教育システムが整っているのがすばらしいと思わされます。

 

今後も新しい分野や技術などを学ぶために不在にする機会があると思いますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

 

 

米国の空港には、

犬がくつろげるように犬専用待合室があってびっくりです。

 

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長・獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 研修セミナー報告 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tarumioasis.com/trackback/990
トラックバック
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ページのトップへ