神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
脾臓の腫瘍

先日、脾臓の腫瘍の手術がありました。
健診時に腹部の超音波検査(エコー検査)で脾臓にできものがあるのが判り摘出することになりました。

脾臓にしこりがあっても症状はでない事が多いです。
よほど大きくなった場合はお腹が腫れてきたりするので太っているのと勘違いされてしまっているケースもあります。

またこのしこりがお腹の中で破裂すると出血性のショックで急変してしまうことも有りえます。

脾臓にできるできものには、
血管肉腫、リンパ腫、脂肪腫、平滑筋腫、血管腫などがあり、このなかで一番多いのが血管肉腫です。これは基本的に悪性の腫瘍で高齢犬(平均罹患年齢11歳)に多く発生します。

この子の場合は手術後の病理検査の結果は良性腫瘍でしたので、これで完治が見込まれます。
しこりが巨大になり進行すると破裂するリスク、手術のリスク、転移していくリスクも増えるので早めに見つけることが大切になります。

触診ではお腹の中の事までは判らないので、
中高齢(7歳以上〜)は腹部のエコー検査で脾臓などにしこりが無いかみる定期健診(半年〜1年に一回は)をお勧めします。

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヘビの感染性口内炎(ヘビのマウスロット)

冬眠明けに体調を崩したというヘビさんが来院されました。

以前、研修してきたこともあって、

このところ爬虫類と両生類の患者さんが来院されております。
 

ワンちゃんネコちゃんよりも爬虫類や両生類の飼主さんはとても熱心に大事に飼育されている方が多いような気がします。

 

今回来院されたのは、

ベアードラットスネークと、トウブインディゴという種類のヘビさんでした。

 

細菌性口内炎はヘビに多く発生し、ビタミン不足や低温度などがあると罹患しやすくなってしまいます。

治療は口腔内をキレイに消毒して、抗生物質やビタミン剤を投与していくと改善してくれました。

 

診療分野的にもまだ解明されていないことも多く、

分からない事も多いですが、調べたり爬虫類・両生類専門の先生に聞いたりしながら、

少しでもお役に立てるように診察させて頂いてます。

初診での診察をご希望の方はご来院前にお電話の上ご来院ください。

↑口を開けてもらったところ

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
大腿骨頭壊死症

 さて、今日は他院の動物病院の先生からのご紹介で
大腿骨頭壊死症」と診断されたワンちゃんが来院され、当院で手術を行いました。

 

大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)とは股関節の「骨頭」という関節部分に血液が流れにくくなり、その部位が壊死してきてしまう病気です。
原因は判明しておらず、1歳未満くらいの小型犬のワンちゃん(トイプードル、ヨーキー、ウエスティなど)に発生します。

 

ヒトでも特発性大腿骨頭壊死症という似たような病気があり、

タレントの坂口憲二さんもこの病気になったと発表されておられたのが記憶に新しいところです。

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/femur_head_necrosis.html


症状は、後ろ足に痛みがでてくるので足を使いたがらないなどの症状(跛行)が見られます
症状が軽い場合は鎮痛剤の投薬や運動制限などで改善するケースもありますが、多くの場合は成長期に痛みが持続するため、ちょっと触るとキャンとないてしまうような怖がりな子になってしまいます。また、足を使わない期間が長くなると筋肉量が減少してしまい改善しなくなります。

犬の場合は、治療は壊死している骨頭部分を摘出してあげると痛みが消えて症状が改善します。

その他に、人工関節を用いる方法もあります。


今回の子の場合も骨頭部分が破壊され症状が重度でしたが、術後のリハビリで改善していくことが期待できます。

 


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
狂犬病予防接種(ワクチン)

早いものでもう桜が咲く季節になってきましたね桜
過ごしやすいいい季節になってきました。

さて、
垂水オアシス動物病院では4月1日から狂犬病予防接種(ワクチン)が始まります
予防接種の費用は集合注射と同じ(2500円)です。書類作成・提出の手続きも行えます。


フィラリア予防も同時にすることができます。

予約は必要無くすぐに接種できますのでお気軽にご来院下さい!


垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | お知らせ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(口元のできもの)

このところ、暖かかったり、寒かったり、気温の変化が大きいですね。

私も花粉症なのか、風邪を引いたのか…、喉が痛いです…。

 

ガラガラ声になってしまいましたので、

声が聞こえにくい場合は聞き直してくださいませ。すみません!

 

先日、

神戸市北区の動物病院の先生から当院をご紹介して頂きまして、ハムスターちゃんが来院されました。

(ご紹介ありがとうございます<(_ _)>)

 

上口唇にできものが出来ており、急に大きくなってきたとのこと。

このまま放置すると食事もとれなくなる可能性があるため飼主さまとご相談の結果、

腫瘤を摘出することになりました。

 

↑いつも通り麻酔を掛けて寝てもらいます。ZZZ…

 

↑本人の右側の口からできもの(腫瘤)が飛び出ています。

 

↑上口唇にあった腫瘤を摘出し縫合しました。

今回も半導体レーザーメスを使って1滴も出血が無く摘出が可能でした。

 

↑手術後の様子

 

その後無事に麻酔からも目覚めてくれて問題なく帰っていってくれました。

 

腫瘍は大きくなってからでは物理的に手術が難しく、

摘出不可能になる可能性が高いため、手術を考えておられる場合は早めに摘出した方が良いと思います。

 

ハムスターを飼っている飼主さまは、時々はハムちゃんの身体を触って頂いて腫瘤が出来ていないか観察してみてください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヘビさんの診察

このところ、当院へ爬虫類の診察のお問合せや診察を希望されて来院される方が増えてきています。

ヘビ、カメ、トカゲ、トカゲモドキ、ウーパールーパー、カメレオンなどなど。

色んな種類がいますし、飼主さんからいろいろ教えて貰い面白いな〜と思いながら診察してます。

 

爬虫類は好き嫌いがヒトによってはっきり分かれる生き物です。

しかし、世の中には熱烈に爬虫類好きな方も実は結構多く、

スネークセンターでニシキヘビのヘビ巻き体験が大人気だといいますし、

気づいていないだけで意外と実は好きな人も多いのではないでしょうか?!

 

今回淡路島から来院されたのは、

ジャングルカーペットパイソンの男の子でした。

↑ヘビさん(ジャングルカーペットパイソン)の画像です

 

 

昨日から、お尻から腸が出ているとのこと。

↑ヘビさんの画像です。総排泄孔から何かが出てきています。

 

よく観察してみると、総排泄孔脱という状況でしたので、

綿棒で出てきているものを押し込んでおくと数日で出てこなくなりました。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 爬虫類 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膀胱結石(犬)

以前から血尿が治まらずに症状が続いているワンちゃんがいました。

 

このように血尿が出ているケースでは、

膀胱結石があったり、膀胱がんがあったり、細菌感染があったりすることが多いみたいです。

 

今回のワンちゃんの場合では、

腹部エコー検査にて膀胱結石が確認されたためこれが原因だろうと考えて今回摘出することになりました。

 

尿石症になり易い体質の子は、

合わないフードを食べていたりすると膀胱結石が出来てしまうことがあります。

 

↑※閲覧注意:手術の画像です。膀胱を切開し結石を摘出しました

 

↑摘出された膀胱結石

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
肘関節脱臼

先日、他院の動物病院の先生から当院をご紹介して頂きまして、

肘関節が脱臼してしまった猫ちゃんが来院されました。

 

以前このブログでもご紹介させて頂いたこともあるのですが、時々猫ちゃんには肘関節の脱臼が起こります。

前の子は3階から落ちたのが原因でしたが、今回来院された猫ちゃんは1.5mくらいの高さから床に落ちてしまい肘関節が脱臼してしまったとのこと。

猫ちゃんでは落下すると犬みたいに前足が折れるのではなくて、肘関節が脱臼してしまうのかもしれません。

 

当院でもレントゲン検査をさせて頂いたところ…

↑肘関節が外れています(側面像)

 

↑肘関節が脱臼しています

 

足の小指をぶつけただけでもとても痛いのに、こんな状態になるとは想像しただけで痛そうです…!

 

経過から非観血的(手術せずに麻酔下で脱臼を整復してギプスで固定するような方法)に脱臼を整復することは不可能と判断し、

スクリューとワイヤーを使って手術を行い整復することになりました。

 

↑脱臼を整復した後、橈骨と上腕骨にスクリューとワッシャーを設置してワイヤーで連結しました。(側面像)

 

↑術後正面像:スクリュー、ワッシャー、ワイヤーを用いて整復しました

 

後は再度落下したりしなければ問題なく回復してくれるはずです。

 

術後翌日には患肢にも負重してくれて、

無事退院していってくれて良かったです。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻 

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼グレード3

先日、膝蓋骨内方脱臼グレード靴離錺鵑舛磴鵑寮杏手術がありました。

 

いつも通り、

内側支帯の解放、外側関節包の縫縮、脛骨粗面移植、滑車溝の造溝術を行うと膝蓋骨が無事整復できたのですが、

こんどは逆側の外側へ亜脱臼する傾向があったため、内側の関節包を縫縮したりして微調整を行ってやっと納まりました。

 

膝蓋骨脱臼はみんな一見同じような症例に見えるますが、

脱臼を治すためにはそれぞれに個性があり微妙に違うのが難しくて腕の見せ所な感じで毎回やっていて飽きないです。

↑手術前:膝蓋骨が脱臼しています

 

↑整復後:膝蓋骨が整復されています

 

術後数日経つと患肢を着いて歩いてくれました。

頑張ってくれました!

早く走り回れるようになるといいですね。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)

今日は午前中院長不在にしておりまして大変ご迷惑をお掛けしました。

もう3月末、卒業のシーズンですね。

 

当院にお越し頂いている患者さんでも転勤でお引越しされる方もおられます。

お顔を拝見出来なくなるのはとても残念なのですが、遠方からにはなりますが新天地でのご活躍を祈念しております。

 

 さて先日、他院の動物病院の先生からのご紹介で
大腿骨頭壊死症」と診断されたトイプードルのワンちゃんが来院されました。

大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)とは股関節の「骨頭」という関節部分に血液が流れにくくなり、その部位が壊死してきてしまう病気です。
原因は判明しておらず、1歳未満くらいの小型犬のワンちゃん(トイプードル、ヨーキー、ウエスティなど)に発生します。

症状は、後ろ足に痛みがでてくるので足を使いたがらないなどの症状(跛行)が見られます
症状が軽い場合は鎮痛剤の投薬や運動制限などで改善するケースもありますが、多くの場合は成長期に痛みが持続するため、ちょっと触るとキャンとないてしまうような怖がりな子になってしまいます。また、足を使わない期間が長くなると筋肉量が減少してしまい改善しなくなります。

治療は壊死している骨頭部分を摘出してあげると痛みが消えて症状が改善します。

その他にも人工関節を使って股関節を置換する方法もありますので飼主さんとご相談の上どうするか決定しています。

 

↑手術前:向かって左側の後肢(本人の右後肢)の筋肉量が少なくなっています

 

↑骨頭部分を切除しました

今回の子の場合も骨頭部分が破壊され肢をあまり負重せず症状が重度でしたが、

術後のリハビリで改善していくことが期待できます。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ページのトップへ