神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
膝蓋骨脱臼グレード4(パテラ脱臼Grade 検

先日、

グレード4の膝蓋骨脱臼に罹患したチワワちゃんが来院されました。

こちらのチワワちゃんは左後ろ足をほぼ完全に拳上しています。

触診させていただくと、膝蓋骨が完全に脱臼しており、全く整復できません…!

 

膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)とは膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。

この疾患があるワンちゃんは後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、などの症状が見られることがあります。

 

この子の場合、

左後ろ足を曲げるように挙げてしまい、ほとんど肢を使わないとのこと。

 

この疾患は、基本的に成長期に発生するため、

本来は骨が成長期に変形して成長してしまう前に、早期に診断・治療することが重要になります。

 

 

膝蓋骨脱臼のグレード(重症度分類)


グレード1 膝蓋骨は押すと脱臼するが通常は滑車溝に収まっている。

      普段は無症状だが時々症状がでる。

 

グレード2  膝蓋骨は自然に脱臼と整復を繰り返している。

      無症状から重度の跛行まで様々な症状。軽度の骨格変形。

 

グレード3  膝蓋骨は用手で整復できるが通常は脱臼している状態。

      骨格の変形が目立ち歩き方が異常となる。

 

グレード4 膝蓋骨は常に脱臼しており、整復もできない。

      骨格の変形が重度で患肢を全く使用できないケースもある。


 

今回の場合、

ほぼ肢を使うことが出来ない最重症の膝蓋骨脱臼グレード4のため、飼主さまとご相談の結果、整復手術を行うことになりました。

 

グレード4の場合は、グレード3までとは異なり手術自体が難しく、

大腿骨の骨切りまでしないと整復できないケースがあるのですが、

今回は滑車溝造溝、外側関節包の縫縮、脛骨粗面移植、縫工筋・内側広筋・内側関節包の解放、関節外法などの組み合わせで

膝蓋骨を整復することができました。

 

↑術前像:膝蓋骨が脱臼し、大腿骨もレントゲン画像上は変形しているように見えます。

 

↑術後の正面像:膝蓋骨が整復されています

 

 

↑術後の側面像:膝蓋骨が整復されています

 

肢を拳上したりしているのを放置すると、関節や筋肉が萎縮していよいよ肢が使えなくなりますので、

様子を見ずに早めに動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

京都府の福知山市からはるばるハムスターちゃんが来院されました。

飼主さんからお話をお伺いすると、お腹にシコリができてきたとのこと。

今回も飼主さんとよくご相談の上、腫瘍を摘出することになりました。

 

↑ガス麻酔を吸って寝て貰います…

 

↑右側乳腺部に腫瘍ができています

 

↑腫瘍を摘出しました

 

↑麻酔からも問題なく目覚めてお家へ帰っていってくれて良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヒルズの犬用缶詰製品の自主回収に関するお知らせ

処方食を扱うフードメーカーさんといえば、「ヒルズ」と「ロイヤルカナン」の2社が有名です。

そのうちの1社の「ヒルズ」社から製品自主回収のお知らせが出ております。

当院でも普段から取扱いのある処方食のため、

お手元の該当製品を今一度ご確認頂き、当てはまる場合はヒルズ社もしくは当院までご連絡をお願いします。

 

垂水オアシス動物病院

 

 

以下ヒルズ社HPより↓

 

「この度、犬用缶詰の一部の製品に、ビタミンDが過剰に含まれていることが判明いたしましたため、該当製品の使用中止をお願いすると共に弊社にて自主的に回収させていただく運びとなりました。 

ビタミンDは犬の必須栄養素ですが、過剰に摂取すると健康に影響を及ぼすことがあり、摂取量と摂取期間により、嘔吐、食欲減退、口の渇き、排尿の増加、過剰なよだれ、体重減少などの症状が現れることがあります。非常に高いレベルで摂取した場合、腎機能障害などの重篤な健康問題を起こす場合もあります。下記の該当製品を食べたご愛犬に前述のような症状が見られた際には、かかりつけの獣医師にご相談下さい。ほとんどの場合摂取を止めていただければ回復が見込まれます。 

弊社の製品は小売店及び動物病院を通じて世界的規模で販売されておりますが、下記リストに掲載されていない犬用缶製品、犬用ドライフード、犬用おやつ、猫用ドライフード、猫用缶製品は自主回収の対象製品には該当いたしませんのでどうぞ引き続き安心してお使いください。 

自主回収の対象製品は下記リストをご確認ください。

該当製品がお手元にございましたら、大変お手数ではございますが、下記宛先まで以下の情報と共に宅配便などの着払いでご返品下さい。後日、郵便為替にてご返金させていただきます。 

*元払いでお送りいただいた場合の送料については、お客様のご負担になりますので、ご注意くださいますようお願いいたします。 

送付先: 

〒354-0021 埼玉県富士見市鶴馬1-24-3 

日本ヒルズ・コルゲート株式会社 犬缶係 

電話番号:0120-211-311 

ご記入情報: 

●氏名

●郵便番号、住所 

●電話番号 

*ご提供いただく個人情報は本件の目的のみで利用させていただきます。 

今回は原材料にビタミンDが過剰に含まれていたことが原因です。品質チェック体制の強化をサプライヤーに要請すると同時に、弊社でも更なる管理を徹底いたします。 お客様にご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 

ヒルズはペットの健康第一に考え、ペットオーナー様に安全で高品質な製品を提供し続けることを改めてお約束いたします。

1


該当製品 製品コード、対象ロットについて
 

製品コード

対象ロット

2

回収対象製品

製品名
製品コード
対象ロット
サイエンス・ダイエット シニアチキン高齢犬用370g 8055J 102020T14
サイエンス・ダイエット シニアビーフ高齢犬用370g 8056J 102020T06
プリスクリプション・ダイエット <犬用> w/d 370g 8017J 102020T05
プリスクリプション・ダイエット <犬用> ダームディフェンス 354g 10875J 102020T05
プリスクリプション・ダイエット <犬用> i/d 360g 603499 102020T18
プリスクリプション・ダイエット <犬用> i/d チキンシチュー 156g 603500 102020T11
112020T23
122020T07

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

本件につきましてご不明な点等がございましたら、
日本ヒルズ・コルゲート株式会社
お客様相談室までご連絡ください。

日本ヒルズ・コルゲート株式会社
お客様相談室
電話番号:0120-211-311
受付時間:9:30~16:00 土日祝祭日を除く.」

| tarumioasis2 | お知らせ | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

寒い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

私はこのところ寒いので運動不足ぎみです。

 

さて、先日、東灘区からハムスターちゃんが来院されました。

このハムちゃん、お腹にできものが出来ていました。

 

お近くの動物病院さんへ行かれたそうなのですが、

「リスクがとても大きいので手術しない方が良い」

と言われたものの様子をみている間にも大きくなってくるし…、

どうしたものか…、と相談に当院まで連れて来られたのでした。

 

こういったケースはよくありまして、

当院でのハムスターちゃんの腫瘍症例の多くがこのような流れで来院されます。

 

ハムスターの手術や麻酔は特殊ですので、どの動物病院でも手術をしているわけではないと思いますが、

経験のある獣医師であれば麻酔を掛けたり腫瘍の摘出手術を行うことは十分可能です。

いままでハムスターの全身麻酔や手術をしてきた経験上、

実際のところ、私の経験では元気や食欲が普通にあれば他の動物と同じように麻酔や手術が可能です。

 

しかしながら、小さな生き物ですので、リスク=0では無いことをご説明し、

ご相談の結果、手術を行うことになりました。

 

 

↑麻酔を掛けていきます

 

↑寝て貰いましたZZZ…。お腹にある赤黒いものが腫瘍です。

 

↑腫瘍を摘出しました。

 

↑麻酔からも問題なく目覚めてお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
院長不在のお知らせ(米国セミナー参加のため)

2月26日(火)〜3月5日(火)までの間、アメリカネバダ州での外科研修のため井尻(院長)不在になります。
現状では日本国内でこういった専門的な研修を受ける機会はほとんど無いため遠く海外まで行く必要があります。

 

4.png

↑研修を受ける施設(オークエンドセンター)

 

今回の講師の先生はDr.William Culpでカリフォルニア大学デービス校の外科の主任の教授であり、腫瘍やインターベンショナルを得意とされています。Dr. Jim Perry, 先生は、ペンシルバニア大学助教授で、特に免疫学の腫瘍が主な研究のテーマで、米国外科専門医と内科専門医の2つの専門医の資格を有しています。非常にめずらしいことに研究テーマの免疫の腫瘍で獣医学博士(PhD)も併せ持ち、非常に珍しい、トリプルホルダーと称されています。またDr. Ameet Singh 先生はオンタリオ大学の外科の助教授で、最小侵襲手術、手術部位の感染症の細菌の研究をテーマにしています。


毎年この時期に海外で外科研修を受けるために、

ご迷惑をお掛けしますが診療の質を更に高めより良い診療をするため、ご理解・ご了承をお願い致します。
なお、井尻不在中は池田獣医師が通常通り診察を行いますので診察時間に変更はございません。

今回の研修内容は以下の通りです。

 

頭頸部の外科手術−Head and Neck Surgery−

Topics Instructors
講義1(Lecture 1)
咽頭後リンパ節と下顎リンパ節切除、唾液腺切除術、扁桃切除術、腹側鼻腔切開術
(Retropharyngeal and mandibular lymphadenectomy, Salivary gland removal, Tonsillectomy, Ventral rhinotomy)
実習1(Laboratory 1)
咽頭後リンパ節と下顎リンパ節切除、唾液腺切除術、扁桃切除術、腹側鼻腔切開術
(Retropharyngeal and mandibular lymphadenectomy, Salivary gland removal, Tonsillectomy, Ventral rhinotomy)
講義2(Lecture 2)
眼球摘出術、耳介後部の軸性皮弁、口唇皮弁、鼻切除術                    (Enucleation, Caudal auricular axial pattern flap, Lip-to-lid flap, Nosectomy) 
実習2(Laboratory 2 )
眼球摘出術、耳介後部の軸性皮弁、口唇皮弁、鼻切除術                    (Enucleation, Caudal auricular axial pattern flap, Lip-to-lid flap, Nosectomy) 

 
講義3(Lecture 3)
吻側上顎骨切除術、尾側上顎骨切除術を併用する方法
(Rostral maxillectomy, Combined approach to caudal maxillectomy)
実習3(Laboratory 3)
吻側上顎骨切除術、尾側上顎骨切除術を併用する方法
(Rostral maxillectomy, Combined approach to caudal maxillectomy)
講義4(Lecture 4)
吻側下顎骨切除術(片側性/両側性)、下顎骨区域切除術、下顎骨全切除術                    (Rostral mandibulectomy (unilateral/bilateral), Segmental mandibulectomy, Total mandibulectomy) 
実習4(Laboratory 4 )
吻側下顎骨切除術(片側性/両側性)、下顎骨区域切除術、下顎骨全切除術                    (Rostral mandibulectomy (unilateral/bilateral), Segmental mandibulectomy, Total mandibulectomy) 
講義5(Lecture 5)
頸動脈へのアプローチ/ルンメル止血帯の設置法、頸部の外科アプローチ、甲状腺切除/上皮小体切除、気管切除吻合術、食道切除吻合術、永久的気管瘻設置術
(Approach to carotid artery/placement of Rommel tourniquets, Cervical surgical approach, Thyroidectomy/Parathyroidectomy, Tracheal resection and anastomosis, Esophageal resection and anastomosis, Permanent tracheostomy)
実習5(Laboratory 5)
頸動脈へのアプローチ/ルンメル止血帯の設置法、頸部の外科アプローチ、甲状腺切除/上皮小体切除、気管切除吻合術、食道切除吻合術、永久的気管瘻設置術
(Approach to carotid artery/placement of Rommel tourniquets, Cervical surgical approach, Thyroidectomy/Parathyroidectomy, Tracheal resection and anastomosis, Esophageal resection and anastomosis, Permanent tracheostomy)
講義6(Lecture 6)
全耳道切除術/鼓室胞切開術(犬)、腹側鼓室胞切開術(猫)、耳介切除術                    (Total ear canal ablation / bulla osteotomy (Dogs), Ventral bulla osteotomy (Cats), Pinnectomy) 
実習6(Laboratory 6 )
全耳道切除術/鼓室胞切開術(犬)、腹側鼓室胞切開術(猫)、耳介切除術                    (Total ear canal ablation / bulla osteotomy (Dogs), Ventral bulla osteotomy (Cats), Pinnectomy) 



垂水オアシス動物病院
獣医師・院長 井尻
              

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | お知らせ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼

先日、膝蓋骨脱臼の整復手術がありました。

膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)は膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。
後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、そのような場合は膝の関節にある膝蓋骨が脱臼している可能性があります。

 

症状のグレードが低かったり、全く症状が気にならなければ、足場を滑らないようにして様子を見ていってあげれば良いと思いますが、後ろ足を時々挙げたり、スキップ様歩行をしたりするような症状がある場合は脱臼を治してあげた方が良いかもしれません。

 

今回のワンちゃんは時々肢を挙げたりする症状があるため、脱臼を治すことになりました。

 

↑大腿骨の滑車溝を深くします

 

↑※手術前:膝蓋骨が脱臼しています(虫眼鏡マークのところ) 

 

 

↑※手術後:膝蓋骨が正常な位置へ戻りました(虫眼鏡マークのところ)

 

その後、1週間程度で患肢を着くようになりお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

毎日朝晩冷え込みますね。

風邪を引いた動物病院スタッフは今のところ居ない?のが幸いなのですが、

インフルエンザが大流行していますので皆さま体調にはお気を付け下さい。

 

先日、

自転車のカゴから落下したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

更に右前肢が車輪のスポークに巻き込まれてしまい、骨折+前足がプラプラになってしまったそうです。

想像しただけで痛そうですね…。

 

自転車の前カゴにワンちゃんを乗せてサイクリングへ出発〜!などの場面を想像すると、

「とても楽しそうでいいなあ〜、愛犬をカゴに乗せてピクニックへ行ってみたいなあ〜」と思うのですが、

 

しかし、

 

獣医師の視点から見ると、

自転車のカゴ+小型犬=(骨折)事故!」の恐ろしい方程式が

浮かび上がりますので皆さまお気を付けください。

 

 

↑前足があらぬ方向へ曲がって、プラプラになってしまっています。

 

 

↑橈尺骨が折れてしまっていました

 

↑プレートで固定しました

 

骨だけではなく肢の神経や靭帯なども断裂していないか心配していましたが、

術後数日で問題なく患肢を使えるようになりお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フクロモモンガの腫瘍

当院には動物病院スタッフとしてフクロモモンガのモンちゃん♂が住んでいます。

 

病院へやってきた当初から元気いっぱいで、

ケージから出ては何処か棚の奥深くへ隠れてしまい、その都度捜索することもしばしばです。

たまに散歩してもらうのはいいけれど探すのが大変です。

 

そういうモンちゃんが居るからなのか、はたまた関係ないのか、

当院で診察しているという話を聞かれたからなのか、

フクロモモンガの患者さんがよく来院されます。

  

今回来院されたモモンガちゃんはお腹にシコリが出来ており、

飼主さんとご相談の結果、摘出することになったのでした。

↑ガス麻酔で寝て貰います

 

↑袋の周りにシコリが出来ています

 

↑問題なく摘出でき、元気にお家へ帰っていってくれて良かったです

 

身体にできものがないか時々見てあげて下さい。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | フクロモモンガ | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの子宮疾患

年末にぐったりしているハムスターちゃんが来院されました。

少し前から血尿?が出ているとのこと。

エコー検査をして見てみると…、お腹の中に何か液体が貯まっています。

子宮疾患の可能性が高そうです。

 

飼主さまとご相談の結果、

抗生物質を投与して内科的に様子を見ることになったのですが改善しなかったため、

手術で子宮・卵巣を摘出することになりました。

 

↑麻酔を掛けて寝て貰います…ZZZ

 

↑感染を起こしている子宮を摘出しました。まだ寝ています。

 

↑麻酔から無事に目覚めてくれました。

 

 

その後、調子良く過ごしてくれているので良かったです。

今は2歳4か月の高齢ではあるのですが、もっと長生きしてくれますように…!

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
糖尿病

当院では糖尿病の患者さんの来院が最近増えてきています。

 

ヒトの場合では、

日本人口のうち1,000万人が糖尿病予備軍(成人の約10%が糖尿病のリスクがある)と言われているそうです。

甘いものを食べすぎたり、暴飲暴食しないように気を付けないといけないですね…。

 

動物は人間ほどリスクは高くないのですが、やはり糖尿病という病気は動物にもあるため糖尿病の患者さんを時々見かけます。

 

動物の場合の典型的な症状として、

多尿、多渇、多食、体重減少」などが見られた場合は動物病院に一度ご相談された方が良いです。

 

糖尿病が発症した事に気づかず治療せず放置していると、

ケトアシドーシスと呼ばれる危険な状態に陥ってしまい命に関わることがあるので要注意です。

 

ヒト用に糖尿病の管理に画期的に役立つ「Free Styleリブレ」という血糖値を測定する装置が登場したのを御存知でしょうか?

 

これは、

採血不要で血糖値が測定できる」という測定機器なのです。

 

 

ヒト用の機器ではあるのですが、動物にも使うことができるという報告もあることから当院でもこの機器を導入してみました。

 

Free Styleリブレ」の特徴

・採血が不要

(毎回採血を行う必要がありません。)

・低血糖を確実に把握

24時間持続して血糖値を測定できるため、夜間でも低血糖を確実に把握できます。)

・現在や過去の血糖値を即時に確認

(センサーに測定器をかざすと、現在や過去の血糖値が表示されます)

 

 

従来ですと、インスリン投与量の調整をするためには何度も採血が必要でしたが、

これを使うと採血せずともセンサーが24時間自動で血糖値を測定してくれる魔法のような装置です。すごい時代ですね…!

 

↑500円玉大のセンサー(これを皮膚に張り付けて身体に固定します)

 

装置を患者さんに取り付けて…、

センサーを近づけると…、

 

↑スマホのような読み取り機で、センサーから送られてくる血糖値を表示、記録できます。

 

現在の血糖値が直ぐに表示され、一日の血糖値の推移グラフも描出できます。

 

とても便利ですが、

センサーが14日間の使い捨てでランニングコストが高い(7400円程度)のと、

動物に使用した場合、センサーの耐久性が未知数(壊れたり剥がれたりせずに14日間持つのか?)なのがネックです。

 

しかし、何回も採血が必要な重症の患者さんでは、とても便利なので使用する価値があるのではないでしょうか。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 内分泌疾患 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ページのトップへ