神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
猫の尿路閉塞

このところ「おしっこがでない」という猫ちゃんがよく来院されます。

 

今回来院された子は膀胱に大量の砂と、尿道にも砂みたいなものが詰まっており完全に尿が出なくなっていました。

このままでは死んでしまうため、

とりあえず緊急処置でカテーテル(管)を尿道に入れようとしたものの、砂が詰まってカテーテルが全然入らないため(嫌がって暴れるのもあり)、麻酔下で処置したところ何とか細いカテーテルを入れ膀胱洗浄をすることができました。

 

しかし、翌日にも尿道がまた詰まってしまい、カテーテルもスムーズに入らず、また処置をする…、というのを2〜3セット繰り返して粘ったものの、尿道が狭窄しており一番細いカテーテルさえ入らず、すぐに尿が出なくなるため、

飼主さまのご希望により尿道を太くして石が詰まりにくくする手術(会陰尿道瘻術)を実施しました。

 

雄猫は尿道が細いため、尿道に砂が詰まってしまい尿がでないということが頻発します。

尿が出ないまま様子をみているとキケンなため普段から気を付けてあげてください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

↑尿道に尿石(結晶)が詰まっています

 

↑尿道から尿石(結晶)を絞り出している様子

 

↑尿道からでてきた尿石(結晶)

 

↑でてきたものを顕微鏡で観察すると、結晶(ストラバイト)がみられました

 

↑手術前(細いカテーテルが入っています)

 

↑手術後の様子。今回は、円筒状の包皮粘膜を骨盤部尿道に縫合する術式で行いました。

一般的な教科書に載っている従来の方法と違い、尿道の再狭窄や尿道を舐めてしまうという問題点を避けることができる方法です。

従来の方法で手術すると、術後に再度尿道が塞がってしまい尿がまた出なくなるケースがままあったのですが、それを回避できる術式を採用しています。太い尿道カテーテルは術後1週間程度入れておきます。

| tarumioasis2 | 泌尿器疾患 | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(耳のできもの)

先日、ハムスターの腫瘍摘出手術がありました。

はるばる京都からお越し頂いたこともあり、

ご相談の結果、来院当日中に手術を行うことになりました。

 

↑ガス麻酔で寝て貰います

 

 

↑左耳の耳介に腫瘍ができています

 

 

↑耳介にできていた腫瘍をレーザーメスで摘出しました。この後、麻酔からも覚めて無事元気に帰宅してくれました。

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | ハムスター | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
体表腫瘍(乳腺腫瘍、乳腺癌)

脇の下にしこりがあるミニチュアダックスちゃんの腫瘍摘出手術がありました。

 

中高齢になる避妊手術を受けていない女の子のワンちゃんには乳腺腫瘍が多発します。
この子の場合、乳腺部に米粒大〜3cm程度の大きさの腫瘍が数個みつかり、乳腺腫瘍摘出手術を行うことになったのでした。

犬の乳腺腫瘍の発生は非常に多く、雌犬の全腫瘍中52%を占め堂々の「発生率第1位」です。
中高齢になると雌犬には大体26%程度(4頭に1頭の割合)の確率で乳腺腫瘍が発生してきます。
そしてそのできた腫瘍のうち50%が良性腫瘍、50%が悪性腫瘍です。
かなり高めの発生率なのですが、
この確率(26%の発生率)をさげる為には避妊手術が有効だということが判っており、
避妊手術を6か月齢くらいの時期に済ませておけば確率を低くすることができます。

未避妊の雌犬を飼われている飼主さんはお腹にできものが出来ていないか

ときどきチェックしてみてあげてください。

 

↑黄色○の位置に腫瘍ができています

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 腫瘍 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
だれのお口でしょうか?

先日、はりねずみの女の子が当院へ来院してくれました。

 

はりねずみはペットとして最近とても人気の生き物で、最近は飼われている方が増えてきています。

はりねずみはとても可愛らしいです。

 

今回この子の健康診断をしました。

 

「よし、健康診断をしましょう!」とはいっても、

はりねずみという生き物は一般的に、全身トゲトゲのため簡単には身体を触らせてはくれません。

ちょっと触ろうものなら、丸まってしまって飛び上り(Roll up)、シュッシュッ(Puff up)と威嚇します。

 

この子は人に慣れていてとてもおとなしい子なのですが、

無麻酔では簡易な検査(体重測定、栄養状態観察、皮膚の観察、歩様観察)しかできないため、

安全性の高いガス麻酔を使ってボーッとして貰ってから検査(レントゲン検査、エコー検査、血液検査、口腔内のチェックなど)をしていきます。

 

幸いなことに健康上の大きな問題は見つからず、麻酔からも目覚めて無事お家に帰っていってくれました。

 

↑はりねずみのお口の中。できものも出来ていませんでした。

 

垂水オアシス動物病院ではハリネズミの診察を行っております。

お気軽にご来院ください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハリネズミ | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

ここのところ、当院ではハムスターの腫瘍摘出の手術がよくあり、

とくに首元の辺りにできものができることが多い気がします。

 

今回来院されたハムちゃんも首元に腫瘍ができており

飼主さんとよくご相談させて頂いた結果、摘出することになりました。

↑いつも通り、ガス麻酔で寝て貰いますZZZ... 

 

↑手術前(できものがあります)

 

↑摘出後の様子。無事に麻酔からもさめて帰っていってくれました。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
新製品お知らせ

ふだん、お薬を処方した時に「猫に薬を飲ませるにはどうすればいいんですか?」とよくご質問を頂きます。

 

投薬の方法としては、

1、口を開けさせてお薬を喉の奥に入れて飲ませる

2、缶詰やオヤツなどに混ぜて飲ませる

3、粉末にして水に溶かすか、粉のまま飲ませる

などが挙げられます。

 

しかし実際やってみると、

なかなかうまく飲んでくれなくて苦労されている飼主さんも多いのです。

 

そんな中、投薬が難しい猫ちゃんに良さそうな製品が発売されました!

その名も「チャオちゅーる投薬用」です。

 

「ちゅーるちゅーる〜」とTVCMがよく流れていますが、

すごく美味しいみたいで結構好きな猫ちゃんが多いんですよね。

 

ご希望の方はスタッフまでお知らせください。

 

 

垂水オアシス動物病院

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | お知らせ | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
腹腔鏡を用いた腹腔内陰睾摘出術

腹腔内陰睾のワンちゃんの手術がありました。

男の子のワンちゃんの場合、精巣が陰嚢にあるのが正常です。

しかし、

生まれつき腹腔内陰睾(潜在精巣)の雄犬の場合、

陰嚢内に精巣が降りてこずお腹の中に精巣が残ったままになってしまっています。

それをそのままにしておくと中高齢になった時に精巣腫瘍になる確率が正常の犬に比較して14倍程度高くなるため、

若いうちに去勢手術をした方が良いと言われています。

 

今回も腹腔鏡を使ってお腹の中の精巣を摘出しました。

5mm程度のキズが2ヶ所で腹腔内の精巣が摘出できるため手術侵襲が最低限で済みます。

人医療では色々な手術が広く腹腔鏡で行われておりそのメリットが知られているのと同様、

動物にもメリットは大きい術式です。

 

↑※閲覧注意:手術の画像です。カメラで見ながら鉗子で腹腔内の精巣を摘出しました。

 

腹腔鏡を使った避妊手術や腹腔内陰睾などについて気になる方はお気軽にご相談ください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

| tarumioasis2 | 腹腔鏡 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
うさぎの骨折(前肢:橈尺骨の骨折)

当院ではうさぎの患者さんも多く来院されています。

 

前足を骨折してしまったうさぎさんが来院されたので今回は「うさぎの骨折」について。

 

うさぎは被捕食動物(食べられてしまう方の生き物)であり、捕食動物(肉食動物)から逃げるために身体が軽く、骨も軽くなっています。体重に対する骨の重さが猫が1/8なのに対し、うさぎは1/13ととても軽く、骨自体がとても薄く折れやすいです。

 

そのため、犬や猫と同じようにプレートで固定したりドリルで穴を開けようとしたときに、

骨に亀裂が入ったり割れたりすることが多く、犬や猫と同じようにはなかなか治療できません。

 

今回のうさぎさんはケージの中でバタバタした時に、前足が折れてしまったそうです。

同じように、爪切り時などに飛び上って自身の力で腰骨を骨折したりすることもあるため注意が必要です。

 

↑前足の橈骨、尺骨が骨折しています。痛そうですね…。

 

↑前肢の橈骨、尺骨が骨折しています

 

 

 

飼主さんとご相談の結果、今回は外固定(ギプス固定)で治療をしていくことになりました。

 

↑骨の幅や厚みが3mm程度しかないこともあり、ギプス固定を実施しました。

骨が癒合するのに2〜3か月かかるはずです。

 

うさぎは骨折しやすいため事故にお気を付けください。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

腫瘍ができてしまったハムスターちゃんが来院されました。

やはりハムスターには腫瘍がとても出来やすいのです。

 

この子の場合は首の下あたりに直径1〜2cm程度のできものが出来ていたため

飼主さんとよくご相談の結果、腫瘍を摘出することになりました。

 

↑いつも通りガス麻酔で寝てもらいます。ZZZ…

 

↑半導体レーザーメスで1滴も出血せずに摘出が可能でした

 

 

↑日帰り手術でお迎え時の様子

 

 

↑ガジガジガジ…

 

来院される飼主さんにお話をお伺いすると、

飼主さん仲間に「ハムスターに麻酔を掛けたら弱ってしまうよ。」とか

「ましてや手術なんてしたら死んでしまう。」と言われたけれども腫瘍があっという間にグングン大きくなってきて

みるに見かねて…、ということで来院されるケースが多いです。

また、動物病院でも麻酔を掛けると死んでしまうと説明されることもあるようです。

 

ハムスターの手術や麻酔はやや特殊ですので、どの動物病院でも手術をしているわけではないと思いますが、

経験のある慣れた獣医師であれば麻酔を掛けたり腫瘍の摘出手術を行うことは十分可能です。

いままでハムスターの全身麻酔や手術をしてきた経験上、

実際のところ、私の経験ではある程度元気や食欲が普通にあれば他の動物と同じように麻酔や手術が可能です。

 

しかし、

安価な動物(500〜1000円程度)であり、進行が早く、身体が小さく、短命であり、

リスクがゼロではないため獣医師としても積極的に手術を勧めにくく、

飼主さま側にも価値観の相異が大きく、発見が遅れることもあり、ハムスター自身より手術代が高額になるため、

悩んで迷っている間に腫瘍が大きくなり手遅れになってしまうケースがけっこう多いのではないでしょうか。

様子をみていていつか手術をしようかな、と考えておられる方はどうするか早めに考えていただくのが良いと思います。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ハムスターの腫瘍(体幹部のできもの)

ハムスターには腫瘍がよくできます。

 

今回来院されたハムスターちゃんは急速に(1週間程度)腫瘍が大きくなってきたため

飼主さんはこのまま様子を見るのか…、腫瘍が巨大化する前に摘出するのか…、すごく迷われておられました。

本人が若干弱ってきていることもあったためリスクもありましたが、最終的に摘出することになりました。

 

↑慎重にガス麻酔を掛けて寝て貰います。

 

↑摘出された腫瘍×4ヶ所

 

無事に麻酔からも覚めて帰って行ってくれました。

あとは再発せず元気に早くなりますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | ハムスター | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ページのトップへ