神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

オアシス便り
膝蓋骨脱臼グレード3

先日、膝蓋骨内方脱臼グレード靴離錺鵑舛磴鵑寮杏手術がありました。

 

いつも通り、

内側支帯の解放、外側関節包の縫縮、脛骨粗面移植、滑車溝の造溝術を行うと膝蓋骨が無事整復できたのですが、

こんどは逆側の外側へ亜脱臼する傾向があったため、内側の関節包を縫縮したりして微調整を行ってやっと納まりました。

 

膝蓋骨脱臼はみんな一見同じような症例に見えるますが、

脱臼を治すためにはそれぞれに個性があり微妙に違うのが難しくて腕の見せ所な感じで毎回やっていて飽きないです。

↑手術前:膝蓋骨が脱臼しています

 

↑整復後:膝蓋骨が整復されています

 

術後数日経つと患肢を着いて歩いてくれました。

頑張ってくれました!

早く走り回れるようになるといいですね。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:12 | comments(0) | - | ↑TOP
レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)

今日は午前中院長不在にしておりまして大変ご迷惑をお掛けしました。

もう3月末、卒業のシーズンですね。

 

当院にお越し頂いている患者さんでも転勤でお引越しされる方もおられます。

お顔を拝見出来なくなるのはとても残念なのですが、遠方からにはなりますが新天地でのご活躍を祈念しております。

 

 さて先日、他院の動物病院の先生からのご紹介で
大腿骨頭壊死症」と診断されたトイプードルのワンちゃんが来院されました。

大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)とは股関節の「骨頭」という関節部分に血液が流れにくくなり、その部位が壊死してきてしまう病気です。
原因は判明しておらず、1歳未満くらいの小型犬のワンちゃん(トイプードル、ヨーキー、ウエスティなど)に発生します。

症状は、後ろ足に痛みがでてくるので足を使いたがらないなどの症状(跛行)が見られます
症状が軽い場合は鎮痛剤の投薬や運動制限などで改善するケースもありますが、多くの場合は成長期に痛みが持続するため、ちょっと触るとキャンとないてしまうような怖がりな子になってしまいます。また、足を使わない期間が長くなると筋肉量が減少してしまい改善しなくなります。

治療は壊死している骨頭部分を摘出してあげると痛みが消えて症状が改善します。

その他にも人工関節を使って股関節を置換する方法もありますので飼主さんとご相談の上どうするか決定しています。

 

↑手術前:向かって左側の後肢(本人の右後肢)の筋肉量が少なくなっています

 

↑骨頭部分を切除しました

今回の子の場合も骨頭部分が破壊され肢をあまり負重せず症状が重度でしたが、

術後のリハビリで改善していくことが期待できます。

垂水オアシス動物病院
獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:15 | comments(0) | - | ↑TOP
膝蓋骨脱臼

本日は膝蓋骨脱臼の整復手術がありました。

 

当院では膝蓋骨脱臼の治療をよく実施していることもあって、

治療を希望されて来院される患者さんが多く軽症(グレード1)〜重症(グレード4)まで診察や手術を行う機会があります。

 

膝蓋骨脱臼とは、

膝の関節にある膝蓋骨という骨が脱臼してしまう病気です。

参考:簡単な解説⇒ http://www.axa-direct.co.jp/pet-ms/detail/5007/

 

診察時に膝を触診してみると、

実は結構な割合で小型犬の膝蓋骨は脱臼しています。

そして、飼主さんはその事実に全く気づかれていないケースが多いです(症状に気づかない or 症状が無い?)。

 

重症度分類では、

グレード1:膝蓋骨は手で押すと脱臼するが、手を離せば正常位に戻る

グレード2:膝蓋骨は膝を屈曲するか手で押せば脱臼し、膝を伸展するか手で押せば整復する

グレード3:膝蓋骨は常時脱臼したままで、徒手整復可能であるが、手を離せば再び脱臼する

グレード4:膝蓋骨は常時脱臼し、徒手整復されない

というように程度により重症度が分類されます。

 

このうち、一般的にはグレード2以上が治療適応です。

 

この疾患は、

物理的に膝蓋骨が外れて脱臼する病気なので根本的に治そうとすると、内科治療ではなく外科的治療が必要になります。

 

うちの子がもし、

膝蓋骨脱臼と診断された場合、

「手術が必要なのか?どうしたらいい?」かが飼主様の悩まれるポイントでしょう。

 

膝蓋骨脱臼の一般的な手術適応は次のように考えられています。
1)痛みがある場合
2)機能障害がある場合
3)関節炎が進行する場合
4)将来的に上記症状が発生する可能性が高い場合

 

痛みや歩き方がおかしいなど跛行の症状がひどい場合は、整復手術を受けさせてあげるべきですし、

症状が気にならない場合でも、関節炎などの症状が進行してしまうかもしれない時は整復手術をおすすめします。

逆に、症状が全く無く進行する可能性も無ければ経過観察しても良いかもしれません。

 

↑手術前:膝蓋骨が脱臼しています。

 

↑手術後:膝蓋骨が整復されました。

 

↑大腿骨の滑車溝が深くなりました。

 

↑大腿骨の滑車溝が深くなりました。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師・院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:29 | comments(0) | - | ↑TOP
膝蓋骨脱臼グレード4(パテラ脱臼Grade 検

先日、

グレード4の膝蓋骨脱臼に罹患したチワワちゃんが来院されました。

こちらのチワワちゃんは左後ろ足をほぼ完全に拳上しています。

触診させていただくと、膝蓋骨が完全に脱臼しており、全く整復できません…!

 

膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)とは膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。

この疾患があるワンちゃんは後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、などの症状が見られることがあります。

 

この子の場合、

左後ろ足を曲げるように挙げてしまい、ほとんど肢を使わないとのこと。

 

この疾患は、基本的に成長期に発生するため、

本来は骨が成長期に変形して成長してしまう前に、早期に診断・治療することが重要になります。

 

 

膝蓋骨脱臼のグレード(重症度分類)


グレード1 膝蓋骨は押すと脱臼するが通常は滑車溝に収まっている。

      普段は無症状だが時々症状がでる。

 

グレード2  膝蓋骨は自然に脱臼と整復を繰り返している。

      無症状から重度の跛行まで様々な症状。軽度の骨格変形。

 

グレード3  膝蓋骨は用手で整復できるが通常は脱臼している状態。

      骨格の変形が目立ち歩き方が異常となる。

 

グレード4 膝蓋骨は常に脱臼しており、整復もできない。

      骨格の変形が重度で患肢を全く使用できないケースもある。


 

今回の場合、

ほぼ肢を使うことが出来ない最重症の膝蓋骨脱臼グレード4のため、飼主さまとご相談の結果、整復手術を行うことになりました。

 

グレード4の場合は、グレード3までとは異なり手術自体が難しく、

大腿骨の骨切りまでしないと整復できないケースがあるのですが、

今回は滑車溝造溝、外側関節包の縫縮、脛骨粗面移植、縫工筋・内側広筋・内側関節包の解放、関節外法などの組み合わせで

膝蓋骨を整復することができました。

 

↑術前像:膝蓋骨が脱臼し、大腿骨もレントゲン画像上は変形しているように見えます。

 

↑術後の正面像:膝蓋骨が整復されています

 

 

↑術後の側面像:膝蓋骨が整復されています

 

肢を拳上したりしているのを放置すると、関節や筋肉が萎縮していよいよ肢が使えなくなりますので、

様子を見ずに早めに動物病院へ連れて行ってあげて下さい。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:59 | comments(0) | - | ↑TOP
膝蓋骨脱臼

先日、膝蓋骨脱臼の整復手術がありました。

膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)は膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。
後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、そのような場合は膝の関節にある膝蓋骨が脱臼している可能性があります。

 

症状のグレードが低かったり、全く症状が気にならなければ、足場を滑らないようにして様子を見ていってあげれば良いと思いますが、後ろ足を時々挙げたり、スキップ様歩行をしたりするような症状がある場合は脱臼を治してあげた方が良いかもしれません。

 

今回のワンちゃんは時々肢を挙げたりする症状があるため、脱臼を治すことになりました。

 

↑大腿骨の滑車溝を深くします

 

↑※手術前:膝蓋骨が脱臼しています(虫眼鏡マークのところ) 

 

 

↑※手術後:膝蓋骨が正常な位置へ戻りました(虫眼鏡マークのところ)

 

その後、1週間程度で患肢を着くようになりお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:10 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

毎日朝晩冷え込みますね。

風邪を引いた動物病院スタッフは今のところ居ない?のが幸いなのですが、

インフルエンザが大流行していますので皆さま体調にはお気を付け下さい。

 

先日、

自転車のカゴから落下したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

更に右前肢が車輪のスポークに巻き込まれてしまい、骨折+前足がプラプラになってしまったそうです。

想像しただけで痛そうですね…。

 

自転車の前カゴにワンちゃんを乗せてサイクリングへ出発〜!などの場面を想像すると、

「とても楽しそうでいいなあ〜、愛犬をカゴに乗せてピクニックへ行ってみたいなあ〜」と思うのですが、

 

しかし、

 

獣医師の視点から見ると、

自転車のカゴ+小型犬=(骨折)事故!」の恐ろしい方程式が

浮かび上がりますので皆さまお気を付けください。

 

 

↑前足があらぬ方向へ曲がって、プラプラになってしまっています。

 

 

↑橈尺骨が折れてしまっていました

 

↑プレートで固定しました

 

骨だけではなく肢の神経や靭帯なども断裂していないか心配していましたが、

術後数日で問題なく患肢を使えるようになりお家へ帰っていってくれたので良かったです。

 

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:29 | comments(0) | - | ↑TOP
猫の慢性進行性多発性関節炎

皆さまいかがおすごしでしょうか?

最近はだいぶ日が落ちるのが早くなってきましたね。

 

動物病院で毎日何十件と、何年も診察していると、

症状からだいたいこんな病気だなとか見分けられるようになってきます。

しかし…、

動物は人間みたいに言葉をしゃべらず苦痛を訴えないですし、中には診断が難しい病気や、

教科書に載っていないんじゃないかと思われるような病気も少なからずあるので、

獣医師もけっこう大変なのです。

 

さて最近、

「慢性進行性多発性関節炎」の猫ちゃんが来院されたのでこの件について。

 

こちらの猫ちゃん、40℃以上の高熱が1週間以上続いており(猫の平熱は38〜39℃台くらい)ました。

 

数日前からお近くの動物物病院で診察と治療(抗生物質、抗炎症薬の投与)を受けられていたそうなのですが、

体温が一向に下がらず、主治医の先生は原因が全く分からないと仰られていて原因不明とのこと。

 

当院で診察させて頂くと、

確かに体温が高くぐったりしています。

 

来院された当初、ずっと発熱が続いているので何らかの感染症をまず考えたのですが、

 

触診をすると四肢の関節がやや腫れており、感染症ではなく免疫の異常による関節炎が疑われました。

 

リウマチみたいに免疫に異常が生じることで関節炎が起こる病気が犬や猫にもあります。

 

今回のような多発性関節炎(←免疫の異常によっておこる関節炎)は犬では時々見かける病気なのですが、

猫ではかなりレアケースだと思われます。

 

臨床症状としては、

発熱、嗜眠、歩くことを嫌がる、関節の腫脹、疼痛が挙げられます。

 

この子の場合もこれらの症状は全て合致していました。

 

更に診断を確定させるために、基礎疾患が無いか精査を行い、

四肢の関節液を採取してその性状をチェックしたり感染が無いかなどを調べ診断しました。

 

今回の猫ちゃんの場合、

プレドニゾロンやシクロスポリンといった免疫抑制剤に良い反応を示して

熱も下がり調子が良くなったのでホッとしています。

 

やはり触診などの身体検査は重要だと改めて思わされました。

原因不明の発熱、高熱が続いているワンちゃんや猫ちゃんは、

触診などの身体検査をしっかりして免疫介在性関節炎が起きてないか一度は疑った方が良いかもしれません。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

先日、前十字靭帯断裂に対してTPLOを実施したワンちゃんが術後の検査に来院されました。

飼主さんからお話をお伺いすると、手術した肢もだいぶ回復して活動的に動き回っているとのことで良かったです。

 

やはり、術後の回復の早さや、術後成績は他の手術法と比較して良好ですので、

活動的なワンちゃんにはTPLOは特にお勧めできると思います。

 

 

↑左後肢の前十字靭帯が切れてしまい跛行しています。

TPLO手術前の様子(手術前のため毛刈りしています)。

 

 

↑TPLO手術の術後2か月目の様子です。

手術をした患肢(左後肢)を使って問題なく歩けるようになっています。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:35 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

以前記事に書いた後肢の前十字靭帯部分断裂に対してTPLOと呼ばれる手術を行ったワンちゃんが来院されました。

 

あれから術後6週間が経過しており歩様は良好でふつうに歩きまわっているとのこと。

骨切りをした部位の骨癒合まであと1〜2か月くらい掛かると思われるためもう少し安静が必要です。

 

↑術後6週目のX線検査。だいぶ仮骨ができており癒合が進んでいます。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 17:57 | comments(0) | - | ↑TOP
3階から落下した猫ちゃん(尺骨骨折、肘関節脱臼、モンテジア骨折)

3階から落下で来院した猫ちゃんを明石の動物病院の先生からご紹介して頂き、

診察させていただいたところ前肢の尺骨に骨折、肘関節の脱臼が見られました。

 

尺骨が骨折して橈骨が脱臼するモンテジア骨折です。

 

↑肘関節がほぼ完全に脱臼しており、尺骨も粉砕骨折しています。

 

この骨折は肘の機能が著しく傷害されるため正しく整復することが重要です。手術は尺骨をプレートで固定して、橈骨は脱臼を整復した後、橈骨、上腕骨、尺骨間をスクリューとワイヤーを用いて支持固定しました。

 

 

 

 

 

驚異的にすごい回復力の持ち主の猫ちゃんでしたので、

翌日には痛めていた肢を着いて普通に歩いており、術後3日目には退院していってくれました。

 

術後は安静にする必要がありますが経過が良ければ1か月ぐらいでワイヤーを摘出します。

 

猫ちゃんが飛び降りる高さは2階からは大丈夫でも、3階は危険なのかもしれません。

 

足場の硬さや状態にもよりますのでマンションなどにお住まいの方は十分お気を付け下さい!

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:38 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

今週に入ってから明石の動物病院の先生から紹介して頂いて、

トイプードルちゃんの前肢の骨折整復手術が2件連続してありましたのでこの件について。

 

近年、トイ犬種(トイプードル、チワワなど)の橈尺骨骨折(前肢の骨折)の発生件数が増加しています。ソファーから飛び降りたり、ちょっとした高さから落下するだけで骨は簡単に折れてしまいます。ギプスなど外固定のみで治療すると癒合不全に陥ることがあり、多くの症例では整復手術が必要になります。
トイ犬種は体重が1〜4kg程と小さく骨の厚みも2-3mmしかないため骨折の整復には特殊な器具と難易度の高い繊細な手技が必要です。
当院では症例に応じてプレート法(LCP、チタンプレートなどを使用)、髄内ピン法、創外固定法などを選択・応用し治療を行っています。
 

今回も、固定強度が強すぎず、癒合不全が起こりにくいタイプのプレートを使って骨折を整復しました。

 

この部位の骨折は固定が弱くても、強すぎても癒合不全が起きる可能性があり、

当院では幸いなことに深刻な問題が生じたことは今までにありませんが、

整復に使用する器具の選択や手術手技も繊細で一度トラブルが発生すると骨折の中でも大変な箇所です。

 

この5ヶ月齢のトイプードルの2頭は前肢の骨の幅はわずか5mm以下、厚みは3mm程度しかないため、

「そりゃ折れるよね」という骨の繊細さでした。

 

髄内ピン法や創外固定法と違い、プレート法は安定性が高いため固定した翌日には前肢を使って走ったりもできてしまうのですが、

 

骨が癒合するまで2か月程度は安静が必要です。

 

特に子犬ちゃんは落下事故に気を付けてください。

 

症例1

↑術前

 

↑術後

 

 

 

症例

↑術前

 

↑術後

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:20 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先日、知り合いの先生からご紹介して頂いて来院されたジャックラッセルのワンちゃんのTPLO(前十字靭帯断裂の手術)がありました。

後肢の膝の靭帯(前十字靭帯)が切れると、患肢を痛がって負重し難くなってしまいますのでそれを改善させる為の手術です。

 

TPLOは複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)

 

飼主さまとご相談の結果、術後の機能回復が一番良いと報告されているTPLOを行うことになりました。

 

特に問題なく手術も終わり退院していってくれましたので良かったです。

骨が癒合するまでに2〜3か月は掛かりますのでもう少し安静が必要になります。

ジャックラッセルちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術後の歩様。だいぶ負重するようになってきました。

 

 

 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:53 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂)

後肢を痛がって着かなくなっているシベリアンハスキーのワンちゃん(大型犬)が来院されました。

そして、今週もTPLOの手術を行う機会があったためこの件について。

 

「後ろ肢を急に痛がる、思い当たる原因も無い。」というと思い浮かぶのが前十字靭帯断裂です。

 

このハスキーちゃんも同じような症状でしたので、触診やX線検査などを行い詳しく診察させて頂くと…、

やはり前十字靭帯の完全断裂が疑われました。

 

〇前十字靭帯断裂、TPLOについて


一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

今回のワンちゃんは最も術後成績が良いと報告されているTPLOと呼ばれる術式で手術を行うことになりました。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。


 

術後の機能回復は良好で、この子の場合には術後数日後には患肢を軽く着いて歩くようになってきていますが、

骨癒合や完全回復まで2〜3ヶ月程度は掛かりますのでもうしばらく走ったりせず安静にする必要があります。

 

↑手術前(前十字靭帯が断裂しているため通常より脛骨が前方へ変位しています)

 

 

↑手術後(TPLOを行い、脛骨近位部を骨切り、回転させプレートで計画通りのTPA角度5°に固定しました。)

 

↑術後5日目の様子。5日目にして早くも足を着けて歩けるようになってきました。

とてもおりこうなワンちゃんです。

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

※画像・動画は飼主さまのお許しのもと掲載させていただいております。

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 17:58 | comments(0) | - | ↑TOP
脛骨の骨折(後肢の骨折)

大阪の動物病院の先生からのご紹介でシェルティちゃんが来院されました。

X線検査を行ったところ後肢の膝から下の骨が完全にポッキリ折れてしまっている様子。

高いところから落ちてしまったとのこと。

 

今回もチタン製のロッキングプレートで固定を行い、

無事に手術も終わり帰っていってくれました。

 

若いワンちゃんなので1〜2か月程度で治ってしまうと思うのですが、

また飛び降りないように気を付ける必要があります。

 

特に小型犬を飼われている飼主さまは、飛び降りたり落としたりされないようにお気を付けください。

 

↑脛骨が骨折しています

 

↑プレートで整復固定しました

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:57 | comments(0) | - | ↑TOP
TPLO(前十字靭帯断裂の手術)

先週、前十字靭帯断裂を発症した小型犬のパピヨンちゃんが来院され治療を行う機会があったのでこの件について。

 

この子は「左後肢を痛がって挙げている」という主訴で来院されました。

跛行が酷く、ほとんど足を負重できない状態だったため詳しく精査を行ったところ

X線検査、触診などから左後肢の「前十字靭帯完全断裂+半月板損傷」と診断しました。

 

一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。

 

骨が癒合するまでに2〜3か月掛かりますので、それまで安静が必要です。

パピヨンちゃんが早く良くなりますように…。

 

↑術前(TPA29度)

 

↑術後

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:50 | comments(0) | - | ↑TOP
足根関節の脱臼

先日、後ろ足を挙げているという猫ちゃんが来院されました。

 

さっそく診察台に乗ってもらい診察させていただくと、

右後肢が完全に負重しなくなっています。

 

「骨折かな〜。」と思いつつ、

レントゲン検査を行ってみたところ、

骨折ではなく足根関節が脱臼してしまっています。これはとても痛そう…。

 

この子は屋内飼育ではありますが、時々屋外へお出かけするそうです。

きっと外にお出かけした時に事故にあったのでしょう。

 

このまま様子をみても改善は期待できないため、

部分的な関節固定術を行うことになりました。

↑足根関節が脱臼しています

 

 

↑関節軟骨をマイクロエンジンで切削し、海綿骨を移植した後、キルシュナーピンとワイヤーで固定。

 

屋外は危険がいっぱいですので、

猫ちゃんの飼主さんには屋内飼育をおすすめします。

お気を付けください。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:02 | comments(0) | - | ↑TOP
前十字靭帯断裂(TPLO)

先週、前十字靭帯断裂が発症したコーギーのワンちゃんが来院され治療を行う機会があったのでこの件について。

 

この子は「右後肢を痛がって挙げている」という主訴で来院されました。

痛みが出てからしばらく様子をみておられたのですが、

完全には跛行が改善されなかったため詳しく精査を行ったところ

X線検査、触診などから右後肢の前十字靭帯部分断裂が強く疑われました。

↑左後肢膝関節(正常肢)のレントゲン画像

 

↑右後肢膝関節のレントゲン画像(関節液が増量しているため左膝関節に比べて関節内が白く見えます)

 

 

一般的に後ろ足を急に挙げる場合、

前十字靭帯が断裂しているケースがとても多いです。(※他の原因の場合ももちろんあります)

 

犬の前十字靭帯は後肢の大腿骨と脛骨とをつなぐ膝関節にある靭帯で、

これが切れると膝関節が不安定でグラグラになってしまい、肢を挙げたり、普通に歩けなくなってしまいます。

 

切れる原因は、ヒトではスポーツ(スキーやラグビーなど)や事故での急性外傷が原因ですが、

犬では詳しい原因は分かっておらず普段の生活の中で突然靭帯が切れてしまうことが多いです(体質や遺伝的要因?)。

 

前十字靭帯断裂には、部分断裂(靭帯のうち一部分が切れているもの)完全断裂(靭帯が完全に切れてしまったもの)があり、

小型犬では完全断裂の割合が多く、中型犬・大型犬では完全断裂と部分断裂の割合が同じぐらいです。

部分断裂を放置すると、完全断裂に進行してしまい、半月板を損傷したり、重度の骨関節炎が引き起こされてしまうため、

部分断裂のうちに診断・治療することが重要だと言われています。

 

今回のワンちゃんは部分断裂が疑われ、

部分断裂⇒完全断裂に移行するのを防ぐことができ、最も術後成績が良いと報告されているTPLOと呼ばれる術式で手術を行うことになりました。

 

他にも関節外安定化術が日本国内では一般的に行なわれておりますが、関節外安定化術では膝関節の安定性を得るために非吸収性の糸を用いて行なわれる為、糸の「断裂」や「ゆるみ」により手術後に臨床症状が再発する症例が存在します。

特に大型犬では手術が上手くいかないケースが多くなります。

 

1993年にアメリカのDr.Slocumらが考案した、犬の前十字靭帯断裂症に対する新しい手術法がTPLOです。以後米国を中心として20年以上の歴史があり、当初は大型犬へ応用されていましたが、現在では小型犬や猫にも広く行われています。
複雑な手術で、特別な器具とトレーニングが必要となりますが、国内で一般的に実施されている関節外安定化術よりも多くの点で優れており、現在、TPLOは最も術後成績の良い治療法とされています。(90%以上に症状の改善が認められる)
TPLOには術後早期の回復が得られること、術後の機能回復がより良好であること、部分断裂の症例に適応可能であること、手術後の骨関節炎の進行がより軽度であること、手術後の半月板損傷の発生率が低いなどのメリットがあります。

 

当院では小型犬から大型犬にまで対応できるように必要な専用器具一式を導入しており、

渡米し米国整形外科専門医の指導によるTPLO手術トレーニングを受けたうえで手術を実施しております。
 

↑レントゲン画像上で各種測定をして、緻密に術前計画を検討します

 

↑術後(脛骨を円形にカットし、TPLO専用プレートで固定しました)

 

 

術後5日目には患肢を着いて歩いて帰っていってくれて良かったです。よくがんばりましたコーギー

 

 

垂水オアシス動物病院

獣医師 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
うさぎの骨折(前肢:橈尺骨の骨折)

当院ではうさぎの患者さんも多く来院されています。

 

前足を骨折してしまったうさぎさんが来院されたので今回は「うさぎの骨折」について。

 

うさぎは被捕食動物(食べられてしまう方の生き物)であり、捕食動物(肉食動物)から逃げるために身体が軽く、骨も軽くなっています。体重に対する骨の重さが猫が1/8なのに対し、うさぎは1/13ととても軽く、骨自体がとても薄く折れやすいです。

 

そのため、犬や猫と同じようにプレートで固定したりドリルで穴を開けようとしたときに、

骨に亀裂が入ったり割れたりすることが多く、犬や猫と同じようにはなかなか治療できません。

 

今回のうさぎさんはケージの中でバタバタした時に、前足が折れてしまったそうです。

同じように、爪切り時などに飛び上って自身の力で腰骨を骨折したりすることもあるため注意が必要です。

 

↑前足の橈骨、尺骨が骨折しています。痛そうですね…。

 

↑前肢の橈骨、尺骨が骨折しています

 

 

 

飼主さんとご相談の結果、今回は外固定(ギプス固定)で治療をしていくことになりました。

 

↑骨の幅や厚みが3mm程度しかないこともあり、ギプス固定を実施しました。

骨が癒合するのに2〜3か月かかるはずです。

 

うさぎは骨折しやすいため事故にお気を付けください。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:51 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

キャットタワーから落ちてしまい、それから片側の前足を完全にあげてしまったという猫ちゃん、

ではなくワンちゃん!が来院されました。

お話をお伺いすると、結構高めのキャットタワーから落下してしまったとのこと。

犬もキャットタワーに登るものなのですね。

 

同居の猫ちゃんのマネをしたのかな…。

キャットタワーから落ちて骨折したワンちゃんをみたのははじめてです。

 

レントゲン検査を行うと、残念なことにやはり前肢の骨が2本とも折れてしまっていました。とても痛そうですね…。

↑橈骨+尺骨が骨折していました

 

前足の骨折はギプス固定での治療が難しく変形癒合や癒合不全の原因になることがあるため、

飼主さんとご相談の結果、術後成績の良いチタン製ロッキングプレートを使って整復・固定を行うことになりました。

↑プレート法で整復固定を行いました。

Open、but don`t touch.の原則に則り、骨癒合に有益な成分を温存するために骨折端を一切触らずにプレートを設置しました。

早い子だと当日〜翌日に患肢を使って歩き出します。若い子なので骨が癒合しだいプレートを取り除く計画です。

 

プレート法は簡単な方法ではなくプレートの種類(ステンレスorチタン、ロッキングor普通のプレート)、サイズ、手術手技などを上手にしないと12%程度の症例に癒合不全などの合併症が起こることが報告されています。

 

幸いなことに、今まで過去に当院で手術をさせて頂いた症例は癒合不全症例の再手術を含めて全例問題なく治癒してくれています。

 

しかし、再度落下するとプレートごと崩壊するため骨が癒合するまで2か月程の安静が大切です。

無事に治って早く走ったりできるようになりますように…。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 20:18 | comments(0) | - | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼グレード3)

先日、膝蓋骨脱臼のワンちゃんの手術がありました。

膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)は膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。
後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、そのような場合は膝の関節にある膝蓋骨が脱臼している可能性があります。

今回のワンちゃんはポメラニアンで、

家族のワンちゃんも膝蓋骨脱臼持ちの子でしたので遺伝が関係してそうです。

 

重症度はグレード3の膝蓋骨脱臼。造溝術、関節包縫縮、脛骨粗面移植術などを行いました。

 

先月、グレード4の大腿骨の骨切りを行った子の手術難易度が高く大変でしたが、

グレード3の今回の子はさくっと手術が終わって良かったです。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院)

 

 

【骨折、膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂と診断され当院の受診を検討されている飼い主様へ】

 

当院では手術のご相談やセカンドオピニオン等を受け付けております。
予約制ではありませんが、院長不在になる場合がありますので事前にお電話でお問い合わせ下さい。主治医の先生の紹介がなくても診察は可能です。
電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)

 

 

【整形外科疾患の紹介について(動物病院・獣医師の先生へ)】

 

当院は整形外科に力をいれており、
橈尺骨骨折(橈尺骨骨折の再手術症例 含む)、大腿骨骨折、脛骨骨折、上腕骨骨折、骨盤骨折などの各種骨折や膝蓋骨脱臼などの脱臼、前十字靭帯断裂時のTPLOなど、整形外科疾患の紹介を他動物病院さま(現在までに、神戸市内、明石、淡路、徳島、姫路など)からお引き受けしています。
骨折などの治療が必要な患者様の中で、大阪まで通院が難しい飼い主さまや、神戸市内で手術をご希望の飼い主さまがいらっしゃいましたらお役に立ちたいと考えております。


ご紹介頂く際は、飼い主様に直接お話していただいて来院していただくか、お電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。
なお、他院様から整形外科疾患でご紹介いただいた場合には、治療経過をご報告させていただき、治療終了後は主治医の先生を引き続き受診するように飼い主さまにお伝えさせて頂きます。

 

電話:078-707-2525 午前9時〜12時 17時〜20時 (水曜・日祝午後休診)
メール:tarumioasis☆yahoo.co.jp (※☆=@にして下さい)

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:11 | comments(0) | - | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

以前、前足(橈尺骨)を骨折したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

 

1年半くらい前にベッドから飛び降りて片側の前足を骨折してしまい、

お近くの動物病院で骨折の整復手術を受けられたとのこと。

その後は普通に歩けるようになったそうです。

 

そこまでは良かったのですが、

術後1年以上くらい経過してから手術を受けた動物病院さんでみてもらった時に

「骨折した部位の骨が溶けてきている」

と指摘されプレートを外されたそうです。

 

すると、

プレートを外したところの骨が脆くなっていたため(プレート下の骨には力が加わらず骨が脆くなり易い)、

なんとその部位で再び折れてしまったのでした。

 

その後、3か月経った今も全く足を着くようにならないとのこと。

先生とのご相談では「骨が細くなっているため再手術は不可能」という結論になったそうで

包帯やギプスのようなものを装着したりしたものの改善しなかったそうです。

通常、3か月間経っても足を全く使わない、というのはほぼ間違いなく異常が起こっています。

 

一般的に、

トイプードル、チワワ、ポメラニアンなどの超小型犬種では

特に今回のようなケースが発生しやすく前肢骨折では癒合不全が生じ易いといわれており、

プレート固定を用いた場合でも12.5%に合併症が発生するとの報告もあります(通常の骨折の2〜3倍の発生率)。

 

 体重も2kgくらいで、骨幅も2〜5mm程度しかない場合が多いため手術が繊細で難易度が高く、

執刀獣医師がこの骨折整復手術に慣れていないと、ただでさえ少ない軟部組織や血流を傷めつけて、

癒合不全が発生しやすいので注意が必要です。

また、症例の状態や活動性なども考えて、整形外科の基本原則を守り、使用するプレートの種類や、

固定の方法(髄内ピン、ギプス固定、プレート固定、創外固定など)の選択をしなければ簡単に癒合不全に陥ってしまいます。

 

そのため実際に合併症が出るケースも多く(12.5%の確率)、

癒合不全に陥ってしまったりすると、ワンちゃん、飼主さまはもちろん、

執刀した獣医師も胃が痛い日々を過ごすことになる獣医師泣かせなやっかいな骨折です。

 

↑橈尺骨が骨折しており完全に癒合不全に陥っています

 

このまま固定不良の状態では経過を見ていっても悪化はしても改善することは無さそうです。

飼主さんのご希望により当院にて再手術を実施することになりました。

 

↑ダブルプレート法で固定しました

 

前回の手術から1年間以上、再骨折してから3か月以上も経過しているため、骨折部を新鮮創にして固定後、海綿骨移植とPRP(Platelet Rich Plasmaの略:多血小板血漿)、FGF(線維芽細胞増殖因子:Fibroblast Growth Factors)の投与を行いました。今回も、海外から個人輸入したチタン製の特殊なプレートシステムを採用して整復手術をしています。

 

術後、1週目ぐらいから患肢を使いだし、術後3か月ほどで骨も無事に癒合して問題ない歩様に回復してくれました。

今回、プレートは飼主さまの希望もあり、外さすに経過をみていくことになりました。

 

 

当院は外科全般(整形外科)に力を入れており他院の先生からご紹介頂くことがあります。

ご紹介頂いた癒合不全症例の再手術を含めて、手術させて頂いた骨折のワンちゃんは全頭完治しており治らなかったケース(癒合不全になった症例)は今のところ幸運なことに1例も有りません。

が、術後(骨が癒合するまでの2〜3か月の間)に高いところから飛び降りたりするとプレートごと崩壊する可能性もあるため気をつけないといけません。

 

飼主のみなさまは落下事故にお気を付けください。

 

All is going well, but complications can/will occur at any time.

Continue to learn and not become complacent.

Continue improvements in implants & techniques. 

Randy J. Boudrieau DVM, Diplomate ACVS, ECVS Professor of Surgery Cummings School of Veterinary Medicine Tufts University 

 

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
中手骨骨折(前足 指の骨折)

昨日、前肢を骨折したトイプードルのワンちゃんが来院されました。

足を浮かせていてとても痛そうにしています。

 

こういったケースでは、

ほとんどの場合「橈骨と尺骨」が折れているものなのですが、

今回のワンちゃんは前肢の「指」の骨が4本とも全て折れてしまっていました。

どうやったら4本とも折れるのでしょうか?ふしぎです…。

 

とりあえず、このままではとても痛いですし変形して癒合してしまうと将来的に痛みが続いてしまう可能性もあるため、

髄内ピンで整復行い、外固定を行いました。

 

↑OPE前

 

 

↑OPE後

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
大腿骨のプレート固定

年末に大腿骨のプレート固定を行う機会があったのですが、

今回は固定強度を考えてダブルプレーティング(2枚のプレートで固定)で固定しました。

インプラントはロッキングシステムを使っているため完全なベンディングは不要で手術時間が短くて済み、

固定強度が高く安心感があります。

無事に癒合しますように…。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
椎間板ヘルニア(グレード5)

だいぶ寒くなりましたね。

近くの学校でインフルエンザが蔓延して学級閉鎖になっているそうです。

こういう私も先日インフルエンザのワクチンを済ませてきました。皆さまもお早めにどうぞ。

 

さて、

先日、ダックスフントのワンちゃんが椎間板ヘルニアを発症してしてしまい来院されました。

何と無くですがこの病気は寒い時期に多いような気がします。
このワンちゃんは、痛みの感覚が無くなる最重症(グレード5)の椎間板ヘルニアだったため
飼主さんとご相談の上、MRIを撮影し病変部位を特定したのち「片側椎弓切除術」と呼ばれる手術を行いました。

 

グレード4までであれば、内科治療(絶対安静)で結構良くなる場合があるので、

レーザーや投薬、オゾン療法などで様子をみていくことも可能です(外科療法をした方が治療成績は良いです)。

 

しかし…、

グレード5になると内科療法では改善しないケースが多く(歩けるようになる確率は7%、逆に歩けないままの可能性が93%)、

歩ける確率を高めるために発症後早期の外科手術が必要です。


【椎間板ヘルニアの治療成績】成書から引用
グレード1の場合、内科療法=100% 外科療法=97%
グレード2の場合、内科療法=84%  外科療法=95%
グレード3の場合、内科療法=84%  外科療法=93%
グレード4の場合、内科療法=81%  外科療法=95%
グレード5の場合(後足をつねっても痛みを感じない場合)、内科療法=7%   外科療法64%

上記からも分かるようにグレードが高くなるほど成績は落ちていき、
後足の痛覚さえ無くなるグレード5では内科療法だけでは改善しないケースがかなり増加します。

 

今回、手術させて頂いたワンちゃんは、

手術前には後足の痛覚が全く無くなって、尻尾も完全に麻痺していたのですが、

手術当日直後に飼主さんと面会した時には尻尾を振っていて、

翌日には痛覚が戻ってきているので改善が期待できそうな予感です。

 

絶対安静、半導体レーザー、鍼治療、投薬治療などと違い

減圧術を行った子はやはり改善するスピードが速いです。

 

術後1週間目の様子(尻尾を振ったり、後ろ足を動かしたりできるようになってきました)

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(両前肢の骨折)

昨日、またまた前足を骨折したワンちゃんが来院されました。

この子はまだ若いチワワちゃんで、かわいそうな事に両前肢が折れてしまっています。

両前肢が折れると片側の肢で体重が支えられないため、やっかいです。

 

こういった場合の選択肢として(上から順にお勧め順)、

1、プレート固定(ステンレス製 or チタン製)

2、創外固定

3、髄内ピン+外固定(ギプス固定)

4、外固定のみ(ギプス固定)

 

などが挙げられます。

コスト的には上の方が高い(治療成績が良い順)です。

 

プレート固定の中にも種類があり材質にステンレスかチタンがあります。

ステンレスの場合は固い金属のため、ちょうどいいタイミングで再手術を行いスクリュー(ネジ)を抜いてあげて

固定強度を弱めたり、再々手術でプレートを抜去したりして段階的に強度を落とす必要がでてくることが多いです。

(プレートをそのままにしておくとプレート下の骨が脆く細くなってきてしまうことがあります)

↑以前診察させて頂いたこのような状態に陥ってしまった症例

 

それに対してチタン製プレートは柔らかい金属で生体親和性も高いため、

2回目や3回目の再手術が基本的には必要なく、

コスト的に問題が無ければ当院では第一にこのプレートを採用しています。

初期コストはステンレスより高いのですが、

ほとんどの場合再手術が不要(再手術分のコストと患者さんの負担が不要になるので、トータルコストは同じくらい?)、

そして問題なく癒合することからおすすめしています。

 

また、この部位の骨折は治療が非常に難しくなることがあり、

手術したものの癒合不全に陥ってしまうケースも有り得るのがやっかいなところなのです。

 

飼主さんとよくご相談の結果、

コスト面で優れている外固定(ギプス固定)を選択されたため、

両前肢をキャスト包帯(骨折した時に病院で着けてもらうアレです)で固定しました。

 

通常、手術をしないでギプス固定だけでは上手く治らず、癒合不全に陥ってしまう確率が高いといわれています。

外固定のみでは「トイ〜ミニチュア種の8頭中6頭が癒合不全になった」、「82%で癒合不全になった」、という報告があります。

このような危険性がありますので、よほど変位が少ないヒビ程度の骨折以外では基本的にギプス固定を行うのは本来は避けた方よいのかもしれません。

両前肢が何とか治りますように…!

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
橈尺骨骨折(前足の骨折)

昨日、明石の先生からのご紹介でポメラニアンちゃんの前肢の骨折を治す手術を行いました。

やはり、チワワ、トイプー、ポメラニアン、その他でイタグレちゃん辺りは簡単に前肢を骨折します。

 

1kgちょっとの超小型犬でしたが、

今回もいつも通り、特殊なプレートとスクリュー(チタン製ロッキングプレートシステム)で固定しました。

 

 

 

ポメちゃん頑張りました!

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(グレード3、4)

先週も膝蓋骨脱臼(パテラの脱臼)のワンちゃんの手術が続けてありました。

 

膝蓋骨脱臼1頭目はトイプードルのワンちゃんで、

以前に当院にて左後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を整復して問題なく歩けるようになったため、

今回も反対肢の時々痛がる右後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を治療することになったのでした。

↑手術前(左後肢パテラ脱臼は以前に整復済み)

 

↑手術前(浅い大腿骨滑車溝)

 

↑手術後(膝蓋骨が整復されています)

 

手術後(滑車溝が深くなり膝蓋骨が外れ難くなりました)

 

これで問題なく歩けるようになるハズです。

 

 

 

膝蓋骨脱臼2頭目もトイプードルちゃんで、

右後肢の膝蓋骨脱臼(グレード4)を治療しました。

 

この子の場合グレード4の中でもかなり重症のため大腿骨に変形が見られました。

また、膝蓋骨を指でいくら押しても溝にはまる気配が全くないため、

普段行う整復方法(脛骨粗面移植術、滑車溝造溝術、関節包縫縮、内側支帯解放.etc...)に加えて、

大腿骨矯正骨切り術を行うことになりました。

矯正骨切り術を行うには、緻密な術前計画を行い計画通りに手技を実施する必要があり難度の高い手術です。

そのためできれば避けて通りたいところですが、

重度の骨の変形がみられるグレード4の膝蓋骨脱臼を整復するためには

矯正骨切り術(骨短縮)を行うことが必要になるケースがあります。

 

↑手術前(右後肢の膝蓋骨が完全に脱臼しています)

 

↑手術前(滑車溝が全くありませんでした)

 

↑術前に骨切りのシュミレーションを行います

 

↑手術後(LCPロッキングプレートで固定しました)

 

↑手術後(滑車溝が深くなり脱臼し難くなりました)

 

これで骨が癒合すれば問題なく歩けるようになるハズです。

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

2809-01

1790-01

| tarumioasis2 | 整形外科 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
脛骨骨折( 創外固定法)

後肢のスネの骨を骨折した猫ちゃんが来院されました。

スネを骨折するなんてとても痛そうですね…。原因は不明だそうです。

今回は骨折部が粉砕骨折していたため、創外固定装置を使って手術、整復しました。

これで2〜3か月すれば問題なく骨が癒合してくれるハズです。

 

特に外にお出かけする猫ちゃんの飼主さまは交通事故にお気を付けください!

 

 

 

 

↑術後の様子

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
膝蓋骨脱臼(グレード3、4)

先週は前十字靭帯断裂のワンちゃんが来院されたり、

膝蓋骨脱臼のワンちゃんの手術があったり、膝の疾患の治療をすることが多い週でした。

 

膝蓋骨脱臼1頭目はポメラニアンのワンちゃんで、

2、3ヶ月前、当院にて左後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を整復して問題なく歩けるようになったため、

今回は反対肢の右後足の膝蓋骨脱臼(グレード3)を治療することになりました。

↑膝蓋骨が内側に脱臼しています

 

↑膝蓋骨が整復できました(造溝術、関節包縫縮、脛骨粗面転移術、内側支帯開放などを組み合わせて実施)

これで問題なく歩けるようになるハズです。

 

 

 

もう一頭もポメラニアンのワンちゃんでした。

この子は更に重度の「膝蓋骨脱臼グレード4(パテラグレード検」でした。

↑膝蓋骨が内側に脱臼しています

 

↑膝蓋骨脱臼(グレード4)を整復しました(造溝術、関節包縫縮、脛骨粗面転移術、内側支帯解放などを組み合わせて実施)

これでこの子も問題なく歩けるようになるハズです。

 

当院では膝蓋骨脱臼の整復後に再脱臼した症例は今までにありませんが、

術後は2〜3か月は骨切した部位や関節包を縫った部位が破綻して再脱臼してしまう可能性があるため安静が必要です。

 

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

 

 

 

 

 

| tarumioasis2 | 整形外科 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
前十字靭帯断裂

 

小型犬のワンちゃんが後ろ足を着かないという主訴で来院されました。


前十字靱帯断裂」という病気は大型犬や小型犬によく見られる疾患です。
前十字靱帯は後ろ足の膝にある靱帯で、これが急激な運動(外力、外傷など)もしくは大きな負荷が無くても突然切れると
急に後ろ肢をかばって歩くようになります。

完全に断裂してしまった場合は触診やX線検査で診断ができます。
ある日突然、犬が三本脚で歩くようになった場合は膝の前十字靱帯が断裂している可能性が非常に高いです。

体重が軽ければ内科的な治療に反応してある程度改善することもあるのですが、特に体重が15坩幣紊慮い任亘性化すると関節炎が進行し易いのでTPLOなどの外科手術を受けた方が良いと思われます。

10kg以下の小型犬では内科的治療で症状の改善(跛行の消失)がみられ、一見正常に見えることが多いようですが、関節の不安定性は残存し、しばしば二次性の変性性関節症を発症することがあるため、飼主さまとご相談の結果、

関節外法という手術方法で行うことになりました。

突然後肢を痛がるようになった場合は、前十字靭帯が切れている可能性があります。
普段から体重を増やしすぎないようにしましょう。

 

 

↑触診で膝関節に引き出し徴候(ドロワーサイン)がみられます

 

↑前十字靭帯が断裂して脛骨が前方へ変位しています

 

垂水オアシス動物病院

院長 井尻

 

(神戸市垂水区霞ヶ丘にある動物病院です)

| tarumioasis2 | 整形外科 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ページのトップへ